ソーシャルメディアとホームページを同化させる事でアクセス導線を広げる。更新頻度を上げる事で検索エンジンとソーシャルメディア双方から集客可

ソーシャルメディア 福岡
ソーシャルメディア戦略

ソーシャルメディアとは何なのか?

ソーシャルメディアとは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである。 個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。(ウィキペディアより引用)
情報発信の気軽さや情報量・スピード性を考慮した形式のブログ等の存在にはじまり、昨今は情報発信のスピード性と拡散性を重視したtwitterや、ブログとtwitterに情報発信者の匿名性を無くしたFacebookなどが代表的な存在として全世界の多くの方に広く活用されています。  

ソーシャルメディアを利用する5つのメリット

Ⅰ.誰でも直ぐに無料で使う事が出来る
ソーシャルメディアが多くの方に利用される大きな理由として、殆どのソーシャルメディアが無料で利用出来る言う点が上げられます。アカウント取得方法も比較的に簡単な設計である場合も多く、どなたでも直ぐに使用をはじめられます。
Ⅱ.簡単に情報を更新する事が出来る
往来のwebの更新に比べてHTML構文やCSSの知識、FTPアップロードの知識や環境がなくてもwebブラウザ上で更新作業を実施する事が可能。(これらの手法はCMSのシステム構造と同等)
※最近では日記からつぶやきまで様々な形式での更新の仕方が可能となっています。
Ⅲ.情報を拡散させる(広げる)機能に優れている
ソーシャルメディアの活用シーンでの利便性を一つ上げるとしたら情報拡散性が高い部分を挙げられる方も多いと思います。特にtwitterやFacebookと言う存在の拡散性は魅力的な機能の一つです。
Ⅳ.情報の信用性は決して低いものではない。(発信者が匿名ではない場合も多い)
ソーシャルメディアの中でもブログやtwitterは匿名性がある存在に対して、Facebookは実名性が求められる存在ですので、発信内容に責任を持つ必要があります。web上での匿名性は時に言葉の暴力を生み出す要因ともなる要素を含みますので、FaceBookの普及はそれらを望まない多くのweb愛用者にとっては貴重な存在としての地位を確立しつつあります。
Ⅴ.ウェブへ繋ぐ役割として予想以上の効力が見込める。
ソーシャルメディアで発信する情報の中にホームページへのリンクを設置する事で、ホームページへ繋がる存在としての効力等も期待できます。尚、わざわざリンクを辿って頂けるユーザーの場合、条件一致性が高い為に実質的なコンバージョンにも繋がりやすいと言う特性もあります。 ※所有するソーシャルメディアの評価如何では、SEO外部対策としての意義も高くなる可能性を含みます。最近ではnofllow付きのリンクとなるtwitterにおいても多少の効果は報告されています     

ソーシャルメディア活用戦略(自動化・連動)

ソーシャルメディアを活用する際に運営者が抱える問題点の一つとして、複数を活用する事での工数の上昇により運営コストが高くなり運営が継続できないと言う問題があります。それらを解消する方法として自社サイト内からjavascriptやRSSを利用しての各種ソーシャルメディアへ情報を自動反映させ、複数管理ではなく、いか一元管理する事で、運営コストを効率化させる事が出来るCMS仕様のホームページ制作等も多くのソーシャルメディアを活用したいお客様には重要です  

ソーシャルメディア活用戦略(コミュニケーション強化)

ソーシャルメディアの担う本来の役割の一つとして、リアル世界でのコミュニケーション目的が存在します。一見すると一方通行の情報ツールのように見られがちでありますが、実は人と人とがweb上で情報を介して繋がる為の仕組みを数多く搭載しているのがソーシャルメディアと言うものです。ソーシャルメディアでの他者とのコミュニティー形成等の有無の如何でも活用の幅が無限に広がります。
昨今は、ソーシャルメディア上で、共通の趣味や関心を持つ方同士が直接集うようなオフ会も活発に開催されています。ソーシャルメディアでコミニティーの幅を広げる事で自分の情報を他者が取り扱ってくれる機会も増える傾向があります。 

ソーシャルメディアを事業に繋げる為に「受信者」となる選択

使う事は気軽であっても、事業に繋げると言う事を考えた場合、それらとの付き合い方にどうしても不安を抱いたり、実際の効果と照らし合わせた上でブログを運用する時間が優先と出来ない(ブログ=仕事時間を使えない)と言うようになる方も多く存在していると言う現実を私自身も感じましたし、他者を見てもそのような問題を抱えていらっしゃる方は少なくないでしょう。では、適切なソーシャルメディアとの付き合い方、ソーシャルメディアを最大限に活用できている方の特徴とは何なのか?ブログやtwitterの活用方法の壁に現在ぶち当たっている方に少しでも参照となればと思います。
●発信する事よりも受信者となる事を選択すると言う事
自分が発信したい事を発信する事は構いませんが、それらによって事業に対する「反響」を得ると言うゴールまでの道のりを簡素化して考えてはなりません。何故ならば人は「売り込まれる」事が嫌いだからです。その証拠にブログやtwitterで「告知内容」を記した際、コメントやメール等の反応は少なくなりませんか?それは何故か?ご自身が逆の立場であったならとお考えください。きっと既に人間関係のある方以外の告知に反応する事はありませんよね?
ここでの重要なポイントとは、人間関係です。(直接的またはインターネット上での)要は人は人間関係のない方からいきなり売り込まれてもリアクションを行えない場合の方が多いのです。よってコミュニケーションを広げると言う部分を簡素化してしまえば、きっとブログにおける反響の幅も狭いものとなってしまうでしょう。ですから自分がしてもらえる事を相手に先に行う事でコミュニケーションのきっかけを作って行く作業が重要であります。他者からの反応を求めずに、まずは貴方から反応を行う事が何より重要と言う事です。(ブログ更新やツイートは少なくても良いのでまずは自分から他人のブログやツイートに反応する事の方が重要です)
   

今すぐ利用できるソーシャルメディア(※日本語対応)

種別 ソーシャルメディア(ピックアップ)
ブログ系 ・アメーバブログ
・livedoorブログ
・mixy
・JUGEMブログ
・gooブログ
・Yahooブログ
・F2ブログ
・So-netブログ
・Seesaaブログ
・Hatenaダイヤリー
・Bloger などなど
つぶやき系 ・アメーバなう
・twitter
・mixyボイス などなど
実名系・その他 ・Facebook(実名)
・You tubu(動画)
・Buzzel(ブックマーク)
・はてなブックマーク(ブックマーク)
・Yahooブックマーク(ブックマーク)
・Q&Aなう(その他)
・あわせて読みたい(RSS)
・ブログ村(ブログランキング) などなど
    

アメブロ カスタマイズ|その他ページのご案内

アメブロ カスタマイズ料金 アメブロ ペタ代行 読者登録代行
アメブロ カスタマイズ実績 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり アメブロ アクセスアップ
このエントリーをはてなブックマークに追加