webサイトを持っているけど使えていないお客様・webからの反響数を上げたいお客様からご相談を頂いております。webリニューアルのご相談に強い

自身で新しい情報を発信できない=新しい情報が何もない事ですのでコンバーションに繋がらない

これは、全ての物事にいえる事ですが、何かを相手にお金を出して依頼される際にやはり重要となる事・依頼頼者が一生懸命に「伝える」事です。そしてそれを相手が分かるまで、何度も伝達する事です。私は主に携帯コンテンツを制作するから良く分かるのですが、この情熱がなければ絶対に良いものは出来ません。依頼者に任せきりも、制作会社に任せきりもダメです

プロにはプロの知識があるように、素人には素人の「独創性」があります。※素人と言う言葉は少し不適切ですね!そう言う風に考えてみるとやはり重要な事は、互いが互いに寄りかからない、尊重しあうと言う事ですね

そう言う風に考えると、お客様と製作会社で作るよりも、お客様をプロデュースされるような会社様から依頼を受ける事のほうが制作しやすい部分もあるかも知れませんね

どうしても個人の場合は、これもしたいこれもしたいがまとまらずに、制作納期が大幅に遅れる事も存在します。だからと言っても、全てのプロデュース会社がしっかりやってくれる会社とも限らない。難しい部分ですね

私は直接お会い出来る距離のお客様のホームページを製作する事もありますし、逆に遠方の方のオーダーを受ける事もあります。ですから逆に直接お会い出来ない方とはメールは勿論ですが、極力に直接お話しをするようにしてます。 メールは便利ですが、何となく「顔」が見えにくい文章になってしまいますからね!

昨日、あるプロデューサーの方から頂いた「資料」に目をとうしながら「この方の為にも頑張るぞ」とその情熱と誠実さに「感動」しちゃっています。風邪っぽさは治りませんが頑張ります

SEO対策を外注する事は、自身で新しい情報を発信できない=新しい情報が何もない事ですのでコンバーションに繋がりません。ではどうするか?ホームページを貴方自身が育てていく事であり、そのようなホームページ仕様を作る事です。
【PR】検索キーワードの高い記事一覧
SEO対策の必要性
CMSでwebサイトを制作する利点
売上に繋げるSEO対策

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加