webサイトを持っているけど使えていないお客様・webからの反響数を上げたいお客様からご相談を頂いております。webリニューアルのご相談に強い

事業を興す前にはそのような資金計画と資金の準備は重要です

事業を興す前にはそのような資金計画と資金の準備は重要です
小規模事業主の一番の弱点は何かと言われれば、私は上記タイトルのような事だと感じています。何でも自分でやる事で労力を費やして行おうと言う考え方です。自社で取り組むSEO対策・勿論全てを否定している訳ではございません。しかるに、自分で学ぶ事は重要な事項です。しかし自分で全てを実施する事で結果が出るのか?と言われると首をかしげる場合も多大に多い訳です。

どういう事かと言いますと、非効率であると言う事、尚且つまだまだ「学び」が足りないと言う事に他なりません。先日、あるサイトを閲覧してましたら、アメブロの読者登録を1000名にしてほしいと言う金銭を出しての依頼をされていらっしゃる方を見つけました。 そのような仕事を提示している方の真意は分かりませんが、自分でそれを行う事よりもその労力を金銭に変えて実施するほうがその方は「効率的」に映ったのでしょう。

確かにそうです。私のブログも読者登録数を増やす事にはフォーカスしてませんが、約10ヶ月で620名の読者登録数です。読者登録数を意図的に増やしたとしても、1000名までには約半年間は時間を有するでしょう。ですからそのような案件を5万円位で他者に依頼するのもまた一つの方法でもあります。※読者登録1000名を何の目的の為に実施するのかは別として

こういう風に考えると、ネットで販売をしたい、新規集客をしたいと言う方にも同等の事が言えます。自分で通販のサイトを単独で運用するだけよりも、今であれば楽天、yahooオークション等に出店したほうが売れる確率は上がります。※費用対効果が取れるとは言いません。

その要因は、上記のようなサイトに既に多くのユーザーが存在するからです。例えば楽天のようなやり方は誰でも真似出来ることです。現に真似しているサイトの存在は今もあります。しかし楽天の持つ、出展者数やユーザー数は真似出来ない。ですから売りたい方は、お金を出して「楽天」の敷地の一部を借りる訳です。ネットで販売をしたいと思う方であれば、このような選択を行う事も実は非常に重要な事なのです。

何でもかんでもお金をかけずに自分で行えるレベルかどうか?と言う判断 個人事業主様は大きい投資を実施できないからこそ非常に重要な事なのです。但し一言追記させて頂きますと、逆に何でもお金を使えば良いと言う問題でもありません。何に使うべきかをじっくり考える事です。少なくても事業を興す前にはそのような資金計画と資金の準備は重要です。そして自分の知らない分野に関しては自分自身も学ぶ事、努力を行う事は大前提となります。

そして学んだ事を自分で実施し、検証し、自分なりのフォームにする事。分からない事でも自分で調べる事が出来る範囲までは自分で調べようとする努力なくして、進化スピードは加速させる事が出来ないとも思います

■■■webコンバージョン(反響)数の改善・向上の為の実践情報レポート・メールサポート■■■
webを利用して自社サービスを幅広くPRする事で言う相談をこれまでに幾多のweb運営者様から頂きます。勿論、当社サービスをご提供できるお客様の場合は、それらの手法で当社の方でも携わらせて頂ける幅が広い為に、理屈や知識や技術までをお客様に提供する必要はないのですが

予算や事業規模の関係上、どうしても携わる事の出来ない方の為に、何か出来ないかなと思考錯誤した結果、「情報レポートの配信、メールサポートを主体としたサポート」ならば私どもにも対応できる事ではないかと考えました。

メルマガ等の場合は、有料・無料を問わず、発信者の一方的な情報配信や単純な顧客リスト集め(PRの為)になりがちです。故に「実践」が難しい方も往々に存在します。私的な思考の中心はあくまでも全ての方が、継続的に安定した効果を獲得する為の基盤作りです。

無形の価値を提供する者だからこそ、お客様には有形の価値を実感してもらいたいと言う考えがいつも根本に存在しています。ですから購読頂くお客様が自身でwebコンバージョン(反響)数の改善・向上に取り組み、効果を実感する為にはどのようなサービス・サポートが必要なのかと言う観点で、情報レポート・メールサポート(有償:月次525円)と言う形態に行き着いたのであります。情報レポート・メールサポートサービスに関して詳しく確認

創刊を記念しまして、現在は無料版(無料版と言えど、15ページ程ございます)ダウンロードも可能です。自社でwebコンバージョン(反響)数の改善・向上に励みたいお客様は是非、ご覧になってください
※無料版閲覧の為のメール登録は不要です。ダウンロードはこちらから私どもの事業に関連するご質問であれば何でもご相談頂けるようにしております。本ブログを閲覧頂いている方とリアルにお話しできる事を楽しみにしております。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加