ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

自分は右脳派(天才肌)と思い込んでいるリーダーも実は非常に多いです

感情を表す表現を行う事が、ブログでは非常に難しいものでありますが、私は気持ちをこめてと言う言葉程、曖昧で、且つ物事が解決したかのように思わせる言葉はないと思っている。

これは諸刃の刀のようなの言葉だ

上手く行かない人・企業 程、『気持ち』と言う言葉を多発する。大義名分として、収まりの良い形で使う事は、何の解決にも繋がらない。

例えば、ブログを例に挙げて言うと、『気持ちを入れて記事を書く』 『気合を入れて更新する』 などと言う言葉で簡潔に表現した場合、何故気持ちを入れると表現をする状況なのか?何故気合をいれて更新すると表現しなければならないのか?と言う本質的な問題が発生しているはずです。

気持ちを入れる事を必要と思った方の場合、考えられる理由は 自分の文章が人に伝わっていないと思っている場合に多い。要はアクセス数が増えない。仕事に繋がらないと言う事が理由としては考えられる。逆に気合を入れて更新する事を必要と思った方の場合、考えられる理由は、更新がとどこっているなどが理由としては考えられると思う。

ここで重要な事は、何故 上記を現状で行えていないのか?と言う大きな問題を解決する必要があると言う事です。本当にこれまで、気持ちを入れて記事を書いていなかったのか? 気合を入れて更新を行っていなかったのか?違うはずです。問題は、アクセスを増やすための方法論であったり、如何に今の自分の時間で更新を行っていくのか?と言う方法論である場合が多いのです。

要は、方法論に対するアクションが決まらないうちに気持ちだ、気合いだと言っても、同じ場所をくるくるまわる事になってしまう場合が多い。と言う事であり、上記でそれらの言葉は諸刃の刀と表現したのは何の問題も解決していない事を解決したかのような錯覚に落ちる場合が多いと言う事です。

これらは、『人が大切』と言う言葉も同様です。

当たり前すぎる言葉程、それらの問題から逃避する為の収まりより解決を求める種族であるのも日本人の特性かも知れません。特に多種多様の考えが存在する組織においては、収まりのよい言葉で問題の先延ばしをする事も多いです。

問題の本質を探す作業。問題の本質に対するアクション事項。そしてそれらをクリアーするための目的意識と情熱 そこまでを総称して、『気持ちを入れる』 『気合をいれる』 と表現できるかどうかが重要でしょう。但し、問題の本質を探る事 ←これを感覚のみで考えると痛い目にあいます。自分は右脳派(天才肌)と思い込んでいるリーダーも実は非常に多いですし、逆にここを慎重にあらゆる角度から分析して考えられる方こそ本当のリーダーではないかと感じるのです。

そういう意味では、組織はリーダーの器以上には大きくならないと言う言葉の意味にも頷けます。
【PR】※レンタル ドレス ※結婚相談所 福岡 ※web制作会社

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ