ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

自分が考えてもいないキーワードでも上がってくる場合
SEO対策は小手先のテクニックではなく正当な評価を検索エンジンからも得るものである。と私は考えておりますが、その中で重要な要素となって来るのが「ユーザビリティー」となります。特にSEO対策はユーザビリティーを無視した対策に関しては、例え上位表記されても意味がないと思うのです。
例えば、ある翻訳会社が、自分のサイトを [中国語 翻訳 格安]と言うキーワードで検索上位に持ってきたいと考えた場合に、その会社が本当に「格安で中国語翻訳をしてくれる会社なのか?」と言う事が重要だという事です。リアルな事業と、対策キーワードは完全一致しなければならないと言う事を意味します。またブログ自体にSEO対策を施すとした場合に、ユーザビリティーを無視した検索順位になる事も多いので困ります。
例えば、私のアメブロの場合は下記のようなキーワードで検索エンジンからの入室を頂いているわけですが
2010y08m15d_131704146.jpgのサムネール画像
アメブロ 検索 と検索クエリに入れて情報を探すユーザーに対して表記されている私のブログ記事の内容がその検索をかけたユーザーの必要としている情報か否か?の部分が一致しているのか?と言うような事が、ブログの場合、良くあります。例えば、上記で [アメブロ 検索 ]にて表記される私のアメブロ。このキーワードで検索上位に来る理由は、ブログ記事が、アメブロと言うキーワードと検索と言うキーワードを数多く含んでいるからであると推測出来ます。
多分上記のような「アメブロ 検索」と言うキーワードで検索される方の動機は下記のようなものでしょう。
●アメブロと検索エンジンの関連性に関して知りたい
●アメブロをどんな方が使っているのか検索したい
実際に、私のブログが上記のような「動機」でアクセスされた方にとって有益な情報を配信出来ているか?否かが重要となると言う事です。上記一番上の動機で検索されたユーザーにとっては関連性のあるブログ記事を配信できていると思いますが、それ以外の動機の方にはあまり関係ないブログになっていると思います。検索結果とは、自分が意識したものだけが必ずしも検索順位が高く、アクセスされるものではありません。時としてこのように自分が考えてもいないキーワードでも上がってくる場合(特にgoogle)もあります。このあたりがブログ自体がSEOに不向きに見えてしまう部分でもあります。
逆に私の独自ドメインのブログはアクセスを受けた検索キーワードと配信記事がほぼ間違いなくユーザーが求めている情報への回答となっている場合が多いです。ですからユーザビリティーを意識した作りに出来ているとも言えます。
話しを戻しますと、結果として対策キーワードは自分が売りたい方や集めたい方を意識するだけではユーザビリティーの観点からは意味が薄れると言う事です。お客様の検索される動機にフォーカスし、貴方の事業で行える範囲のサービスを含めたキーワードでSEO対策を行う事で本当の意義が深まると言う事です。
貴方の事業は、本当にSEO対策を行う必要がありますか?
「ホームページを作ったけど"検索エンジン"からのアクセスに伸び悩んでいる」という声は非常に多いものです。当社ではその様なサイト運営者様にお力添え出来るように、ホームページを育てアクセスを伸ばす、SEO対策サポートも実施しております。 形式的にホームページを作るだけでは、どんなに高額なお金をかけても「会社案内や既存顧客の方のみにしか認知されない」という結果に成りかねません。当社では「如何に新規のお客様を集客し、販促に結びつける事が出来るか?」という事にホームページ活用方法があると考えております 。では何故SEO対策を行う必要があるのでしょうか?
インターネットと言うものが身近な存在になった昨今、多くの方が「自分に必要な情報は検索エンジン経由で調べる」という行動が定着化しているからです。 検索ユーザーは調べたい情報をYahoo JapanやGoogleの検索から探しています。その際に検索された『キーワード』で貴方のサイトが上位で表記される為の施策は、新規顧客の獲得に繋げる為には非常に有効な手法です。尚且つSEO対策はインターネット広告ではございませんので広告費の削減等としても昨今は強化されていらっしゃる方が増えております。 上記は当社のホームページの中で表現している内容の一部ですが、私個人としてはSEO対策は外部に委託して代行してもらう事はNGだと思っています。その理由は検索エンジンの評価に関してではありません、あくまで検索順位ばかりを意識した対策程、無意味なものはないからです。
「おやっ」と思われる方も多いでしょうが、絶対にSEOは不可欠です。しかし、それはあくまでお客様の事業に繋がる為の検索を受けた際、と言う条件付きです。例文を挙げてみますので下記より御確認頂ければ幸いです。例文)福岡市で中古のマンションを2000万円で○○小学校区で検索されているユーザーさんがいたとした場合を想定した上で解説してみます。
●まず検索クエリに挿入されるキーワード
候補は、『福岡市 中古マンション』もしくは『福岡市 分譲マンション』の類のキーワードだと思われます。
●その検索した際にユーザーさんが何を見るか
1ページ目に表記されるtitleとサイト紹介文です。その1ページに表記されたサイトの中に上記のような条件でマンションを探しているお客様がクリックをしたくなるような文章・キーワードが含まれているかが重要なのです。
●1ページに目ぼしいサイトが無い場合は?
大抵のユーザーさんは2P目に移動するか、検索条件を変更して探してきます。私のデータ上は2Pに行って→検索ワードを変更する方が多いかと思います。
●検索ワードが変更される際
先ほど検索クエリに挿入したキーワードからもう少し具体的なキーワードを挿入されます。例えば 『福岡市 中古マンション ○○小学校区』 や 『福岡市 中古マンション 2000万円台 小学校区』など考えられるでしょう。
●結果的にSEOがコンバージョンに繋がる場合
最初のキーワードでの上位表記のみではなく、実は次のキーワードで確実にその内容一致の高いページを作って置く事と、確実にそのキーワードで検索上位にランクさせる事なのです。
●お客様の条件一致するような物件が必要
例えそのサイトにお客様の希望する物件がない場合においても、『この業者さんはサイトに掲載していないこの地区の物件を持っているかも』と感じて頂けるわけです。
ホームページは待ちの営業ではない
ホームページを待ちの営業とさせる方と、ユーザー様を迎えに行く為の存在に出来るかの差はここにあります。今の時代、お客様は自分に合うサービスであり商品を自らの目で探す時代です。 売り手が売りたい商品・サービス程売れません。消費者は私も含めて売られたくないのです。ですから発信者が行える最たる営業努力とは買い手が自分から欲しいと言う感情を抱きサービスを模索している際に貴方の商品やサービスに到達させるための仕掛けが非常に重要となります。よって上記のような対策になるのであれば、SEO対策は不可欠です。
トップページを所定のキーワードで検索上位に上げるSEO対策のみがコンバーションに繋がりにくいと言われる所,以外を少しイメージ出来ましたでしょうか?ホームページを待ちの営業ツールと考える方の多くはホームページでコンバージョンを上げる事が出来ていない方です。逆にホームページこそが反響営業の為に不可欠な存在だと考える方はこの辺りの事を十分に理解されている気がします。本記事は当初、seoが必要か不要かにフォーカスした記事でしたがseoの何が自社に必要なのかと言う部分を考える会社や人の場合、確実に意義を作り出す事が出来る反面、seoを行えば「こうなるはず」と神頼みに近い感覚の会社や方の場合は確実に費用対効果が生まれないと言う事だけは言えそうです。
・アクセス数に飛躍的な変化が見られる
・検索順位上位に複数のキーワードがランクインする
・ホームページ更新頻度が上がる事で内部的SEOに自社で取り組める
・ホームページを中心にソーシャルメディアとの自動連動が可能になった。
・取材依頼や顧客からのお問い合わせやコンバージョン(反響)が増えた 
 
リニューアルに着手した多くのクライアント様に上記のような好影響的な変化が見られております。実際に当社でリニューアル制作を実施したお客様のサイトが、自力でのSEO対策も含めてその後どのようになったのかと言う参照データはホームページリニューアル後の変化からも御確認頂けます。
検索エンジンから自分のお店を探してもらう為の施策
SEOとは検索エンジンから自分のお店を探してもらう為の施策の1つです。しかし実はその手法や狙いは業種・業態・事業主によってそれぞれ異なります。勿論その事業主の狙い自体がSEOとかけ離れた選択の場合は、検索上位にランクされる事が自己満足で終わっている事が殆どなのです。上記のような事を踏まえ、このSEOの解釈と言うか見解を少し見直したほうが良いかな?と思い記事掲載させて頂きます。SEOを施そうと思った場合の代表的な手法は2つです。
①内部対策
②外部対策
①はそれ相当の知識や技術があればお金をかけずに施す事は可能ですが、SEOを実施しそれなりの成果を上げていらっしゃる方でなければ実際には難しいと言うのが正直な感想です。②に関しては検索してもらう「キーワード」によると前置きしておきますが、効果を出す為にはハッキリ言って「お金がかかる」と言っておきます。お金よりも労力がかかると言ったほうが正しいかも知れません。ここからが実践的なお話しになります。良くお店では、「お店の名前」が検索される事を考える方がいらっしゃいます。では誰が何の目的でその「フレーズ」で検索するのかを考えた事はありますか?
●お店名で検索→リピーター,広告掲載など,クチコミ
ex)○○料理 ○○店 で検索してくれる方をイメージした場合に、ホームページを利用したPRアクションが決定されます。私ならば上記のような区分のユーザーを引き込みたいならば確実に雑誌・ネット広告の使い方を模索します。(尚お店名でのSEO対策は外部依頼する程難しい事ではありません。サイトtitleにお店名を必ず入れておきましょう)
●料理の特徴・地域→新規検索ユーザーからのヒットを目指す
ex)○○市 ○○料理 ○○(特徴) このような検索をするユーザー(自分の食べたいもの、食べたい地域を限定)しているお客様の意図を考えた戦略は広域からの新規ユーザー獲得には必須です。但し上記の特徴がどこにでもあるようなキーワードの場合は効果は低いです。
わざわざ検索をして探すと言う人の心理を考えてみると分かります。『誕生日で利用できるフレンチレストラン,海の見えるイタリアンレストラン』 ここまで鮮明に検索ユーザー心理を先回りしてイメージ出来れば最とも適切な戦略と出来ます
このようなキーワード選定は実際の店舗の特徴をしっかりと考え、自分のお店が差別化されやすい形の事を探すのが最も適切なのです。但しこの手法は自分のお店のウリを分かりやすく説明できない店舗にとっては、一歩間違えば自己満足対策になりやすいので気をつける必要がある事も追記しておきます。
ポイントは、検索ユーザーが自分が探したい情報を満たしてくれる存在として、貴方を選ばないといけないと思ってもらう事が必要となるわけです。海が見えるイタリアンを探している人にとっては、海が見えないイタリアンのお店は不要です。イタリアンよりも海が見えるに特化した検索ユーザーならば、海が見えければ意味がありません。
例えばイタリアンでなくても、海の眺めが絶景のお店ならばそれが優先される場合も多いわけです。よってそのような事をホームページコンテンツとの連動で考えた場合、海がどのように見えるのかを分かりやすく表現(写真・動画)する事で、その検索ユーザーにとっては貴方のお店でなければならない理由が生まれるわけです。そしてそれらが最終的にコンバーションホームページ SEOに直結します。
SEO対策を行う上で重要な事の中に、対策キーワードの選定と言う作業は外す事が出来ません。そこで重要となってくるのは、その対策キーワードを、どのような条件を考慮した上で考えるべきか?と言う事であります。考え方は何通りかありますが、今回は初心者の方でも分かりやすいように3通りの方法を例として明記するとしましょう。
①キーワードとして検索される数が多いキーワードに対策
②自分の希望するキーワードで対策をする
③キーワードとしての検索回数はそれ程には多くないが、自分の事業に非常に適したキーワードに対策
まず、①に関しては巷で『ビックワード SEO対策』と呼ばれる方法です。検索数が多いので、検索上位に来ればそれだけで、自然とアクセス数が上がる可能性は上がります。アクセス数が多いので、確率論的に自分の事業へのコンバーション率も向上すると言う考えが基になります。但しこの対策を施す際のデメリットは、異常にライバルとなる存在が多くなる為に、労力がかかるまたは費用がかかると言う部分が問題点となってくるようです。
次は、御自身の希望するキーワードでSEO対策ですが、この場合はどうしても事業者目線の言葉をキーワードにする方も多いです。分かりやすく説明すると、商品Aを販売する方がいた場合に、商品Aの販売と言うキーワードで対策する場合があると言う事です。
お客様目線を考えると、商品Aの購入となります。得てしてこのような場合も多く、且つライバル関係にある会社よりも自分のサイトを上に表記したいと言うサイト運営者の自己満足的な思惑がある場合もございますので、キーワードの選定には少々の知識を有した方が得策でしょう
最後は巷では『ロングテールキーワードSEO対策』と呼ばれる方法です。ライバルが少なく、自分の事業のコンバーションに繋がりやすいキーワード選定を実施出来るか否かが重要となってきます。基本的にはロングテールの場合は1つのキーワードでは不足です。最低5つ~10つ、少なくてもより多くのキーワードを掘り起こす事が必要です。
また、間違ってもこのキーワードでコンバーションが向上した等はそのキーワードの存在を公表しない事は付け加えておきます。自分のキーワードが上位に来ると直ぐに他者に伝えたいと思われたい気持ちは分かりますが、ここはぐっとこらえておきましょう。何故ならば、たちまちそのロングテールキーワードに競争参入を受けてしまい、ロングテールがロングテールにならずと言う場合もよくある話しです。
実はロングテールキーワードを見つける作業は、SEOマスターにしても対策する方の業種の情報精通が少ない場合は、そう容易ではありません。常にデータと照らし合わせながらロングテールを探す作業を繰り返す事でロングテールを見つけ出すと言う場合が多いわけです。
私は特にロングテールに関しては様々、実験を行っており、それが直接的な問い合わせに繋がらない場合は、3ヶ月位の期間を見て早々にそのキーワード対策から撤退する事も実は多いのです。コンバーションに繋がらないSEO対策程、哀れなものはありません。自己満足を行っても飯は食えないんですね。と言う事を考えると、全てにおいて重要な事の中にキーワードがどれ位の方に検索されているのか?と言うデータを可能な限り調べれたら、非常に便利です。
SEO対策業者はそのような情報全てを持っているんじゃないのか?とおもわれがちですが、正式な検索数なんてGoogleやYahooの検索エンジンを含めて、正直な話、誰にも分からないんです。が答えなのです。しかし悲観される必要はありません。ある程度の目安であるならば、Googleが提供してくれているAdwors キーワードツールで目安的なキーワード検索数に関しては確認する事が出来ます。
このツールではじき出される数値は、あくまで検索エンジン上でのインプレッション数(表記回数)ですので、全てが検索クエリに挿入された文字ではありませんが、人気度を測る上では一つの目安となる数値ではあります。是非皆様も今後の対策キーワードを摸索する際に利用されてみてください。
ここ1年、私のテーマ中に上記のような言葉が頭から離れません 頭の中に置きつつ2015年を迎えそうです。 単純に検索順位を上げるSEO対策 着地ページの強化を図るLPO対策 SNSを利用しソーシャルメディアから関心の高いユーザーを引き寄せる施策 アクセス質を精査し常に良質なアクセスを取得する為のマネージメント など・・・・ どれも、コンバージョンの獲得と言う観点から言えば重要な方法論達です。 しかし、これらはあくまでも 論理の話しであって 最終的な決断と言うものは「人間」が下すと考えますと、アクセス結果に焦点を合わせるのではなく、結果論に焦点を合わせなければ 本当の意味での顧客満足とのズレを生じ続けるものだと思っています。
●SEO対策 Aのパターン ※※と言うキーワードで検索1位になった 「だから なんだ」と思いません?
●SEO対策 Bのパターン ※※と言うキーワードで検索する方は、※※に関心を持つ方が多い事が見受けられる。 ではこれらの仮説をデータを立てて検証してみよう 漠然とした推測⇒ある程度の証拠のある推測となる そのある程度証拠のある推測を基に、施策を講じる
※※と言う検索からアクセスしたユーザーに、※※と言う検索をしたユーザーが求める情報を目に付く形で提供できているサイト構成になっているか、説明や料金、など商品購入において必要最低限の情報が提供されているのか?を確認し対策を講じる
その結果※※と言うキーワードで検索上位が実現する ※※と言うキーワード検索でアクセスしてユーザーの検索動機に対する回答提案(対策提案)を商品・サービスを通じて提供できる
その結果、ユーザーからの反響を受けやすい。また受けた反響を検証し、より証拠のある推測を作って行く作業を繰り返す ↓ さすがに「だから何だ?」とはならない と言うような事です
この場合、誰がどうみても、Bの方が素晴らしいサービスのように見えますが、これらのサービスを人が選択する際、必ずしもBが選ばれるものでもありません。 ・Bの方がAよりもコストが高い(金銭的な問題) ・本当にBと言うサービスを提供してくれるのか心配 (信用性の問題) ・Aの商品も、Bのサービスが含まれているような事を聞いた(ユーザー知識レベルの問題) ・BよりもAを売る人の方が親切だった(人間関係の問題) これ以外にもBが選ばれない理由はあるでしょうが、簡単に考えただけでもこれだけの問題があります。しかし問題とは放置しなければ良いのですから、上記に対する問題の解消(具体論)を考える事が重要です。
私のサービスは、B+最後の下りの具体論までを含んだ 実質「C」と言えます。
しかしCは手間も時間もかかりますし、誰にでも提供できるものでもありません。 私の場合は、その価値を共有できそうな方にしかサービスを提供してません。ですからお問い合わせの段階で自分の希望ばかりを言う方に対しては 会社として敬遠しております。
「特電法を尊重しないスパム会社」からのメールが後を絶ちません。インターネット上でメールアドレスを表記されている方の多くがスパムメールに悩まされている場合も多いのです。メールサーバーにも負荷がかかります。付随するとスパムメール営業する時点で、それらがインターネット事業の場合、自分達はインターネットから集客できていませんと言う事を「アピールしている」と同義語でしょう。

下記の会社の場合もまさにそのようなケース

-●下記はスパムメール内容です---

※※の※※と申します。

私どもは、インターネットの口コミ、ソーシャルメディアなどを有効活用し、貴社のイメージアップ、集客のお手伝いをさせていただいております。

NET上の口コミサイト、ソーシャルメディアの信頼度は、実に93%となっており、消費者行動に大きく影響を与えるまでになっております。

※(参考URL→http://www.※※※※.com/)

【Yahoo!知恵袋】【教えて!goo】

【エキテン】【食べログ】【口コミ広場】etc.


「サービス名 口コミ」や、「企業名 評判」関連での検索数も年々伸びてきており、上記のようなサイトが検索結果の上位に表示される確率が高い事は言うまでもありませんが、そこに貴社のサービスに対する「口コミ、評判」が表示されていたらどうでしょう??もちろん書かれている内容にもよりますが、冒頭にも述べさせていただいたように9割以上の多くの方々が参考にされるメディアなので、上手く活用することによって飛躍的に売上げアップさせることも可能です。

・SEOや様々な広告を試したが費用対効果が合わない
・低コストで質の良い集客方法を知りたい
・忙しくてPRや集客まで手が回らない

など、そんなお悩みがございましたら、ご相談をいただければ幸いです。
ブログ等によるホームページへの導線
これは特に初心者の方が陥りやすい誤解の一つです。web運営者様の中にはもしかしたらこう考えてらっしゃる方は多いかも知れません。現在重要視されている事は

○被リンク数・被リンクの良質さ(信頼の高いリンク)
○ドメインの価値
○内部構造的な仕組み

基本的評価な部分でお話しすると上記3項目と推測しております。勿論、SEOに対策せずに、有料広告やカテゴリ登録の利用を選択する事も可能かも知れません有料広告はクリック課金も選択できますし、金額上限を設定する事も可能です。

カテゴリ登録は結構高い審査料金を払う必要があります※審査に通らない場合はあぶく銭となってしまう可能性があります。

アクセスを取得する事がそのままSEO対策になると言う考えはある意味、別に考えた方が得策です。それよりも、良質な被リンク数を増やす事や内部環境の整備がSEOには一番効果的であると言えます。

最近、何度か記事にしましたが、SEOとは個人がお金をかけないで対策できるレベルを実は超えています。個人事業者様や自営業者様は構造が複雑なSEOに興味を持つのはお金をかけても行いたい方以外は本日でやめたほうが違う戦略(オペレーション)に切り替える事もできますので、無駄なSEOには時間をかけないほうが絶対に良い方も多いです。

それでもしたいという方は検索エンジンに関して学ぶ事で構造理解度を高めた後に、是非SEO対策を実施されてください。SEO以外の部分での良質アクセスへの取り組みの一例としては

Ⅰ.SEOよりも良質アクセスを目指しましょう

良質アクセスとは、今お店に来ていらっしゃる今サービスを提供していらっしゃる方、尚且つ自分のブログを読んでくれていらっしゃる方のアクセスです。その為には多くの閲覧者が見たくなるようなホームページやブログを作る事です。特にブログなんかは非常に有効なツールです。

その中でもやはり「アメブロ」は利用者も多いですし他者に見てもらえる可能性も格段に高いですから有効な手段です。但しアメブロでアクセス向上したから自分の商品やサービスが売れると言うわけではありませんからこの部分はしっかりと考えておく必要があります

あくまでも、自分のお店やサービスを知っている方を想像して記事を更新する方が、実際の販売には繋がります。

Ⅱ.ブログ等によるホームページへの導線による内部強化

物凄い効果は見込めませんが、若干はSEOの対策になります。WEBサイト評価は同一IPからのアクセスよりも不特定多数のIPからのアクセスの方が評価は高くなる傾向がありますのでそう考えると効果が0ではありません。

またブログ上で営業する事も1つの手であります。アメブロであれば、ダメ元でプチメしたりコメントからお互いに仲良くなる事も大きな方法ですね。※私はこの方法があまり得意ではない(笑)
基本的に私のホームページへの導線となる存在は普通に多いです。導線となる存在とはあくまでも配信情報を示しております。ブログ・ソーシャルメディア・メインコンテンツで多分その存在は2000以上は存在するでしょう(あくまで存在すると言う意味で全てがホームページアクセスになっているわけではありません)少し上記の表現は分かりにくいと思いますが、要はそのような存在に到達する為の手段に対して、検索エンジンからのアクセスを強化させる事がSEO対策と言う言葉で表現できるアクションであると言う事でもございます。
基本的に私のホームページはそのアクセス供給元を検索エンジンに主眼を置いてます。次なる存在としてカスタマイズを施しているアメブロや、RSSを取得されている情報サイトやtwitterなどが続いているようです。下記は、約1ヶ月間の、アクセス参照元と、新規・既存セッションを表した写真となります。
2010y12m10d_110753352.jpg
●アクセスの参照元
2010y12m10d_110856143.jpg
●アクセス参照元の上位10サイト
2010y12m10d_111057337.jpg
●新規アクセス→青 ※リピートアクセス→緑
尚リピートアクセスとは同一のIPからの直接的なアクセス(URL入力・お気に入り・RSSからのアクセスを示しています。)検索エンジンからのアクセスは基本的に殆どが新規アクセスとなりやすいです。逆にそれ以外のアクセスはリピートアクセスも多いものです。結果的に集客に繋げる為のSEO対策を検討すると言う事は、これらの特徴を上手に活用する事が求められます。そしてそのヒントを与えてくれる存在,新しい切口を閃かせてくれる存在が、アクセス解析となるわけです。本当の意味でお客様のイメージするSEO対策とは、このように、集客に繋がるか否かのSEO対策である事は間違いありません。
SEO対策と言うものは検索エンジン上位表記に主眼を置くのではなく、SEO対策として実質的にアクセス数やそのアクセスの滞在率・直帰率(興味がある方の検索エンジンからのアクセスは自ずと滞在率が高いので)までを踏まえた上で、ご自身の販促状況・集客状況と照らし合わせる事が重要です。実質の数値(データ)や感触から、強い部分は更に伸ばし、弱い部分は補うと言う非常に手間と労力が必要な作業であると言う事は補足しておきます。
 

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ
SEO対策者によって様々な見解がある事ですし、対象とするキーワードによっても異なる見識であると思いますが、私的には外部対策から始める事の方が効果的(結果が早い)と思っています。外部強化をしながらまずはドメインパワーを上げる。ドメインパワーが上がらなければ内部最適化だけしても中々、検索エンジンは評価してくれない傾向もありますし(評価が反映される期間のお話)外部強化した後の内部強化策は、本当にその効果を強く感じれる事も多いわけです。
即ち、非常に面倒な内部最適化作業が、効果が見えやすいので、効果が現れる事が見えやすくなり、時間のかかる作業をする上での明確なモチベーションとなると表現しておきましょう。内部対策のみを先にガッチリ行っても効果が現れるまでに時間がかかる為に少し心が折れそうになる方も多いはずです。このあたり私がサイト制作時に最も意識する部分でもあります
内部対策のポイントは、サイト構造自体の変更、各ページでのtitle、description、keywords、記事内部の配列の修正、アンカーテキストの見直し等 意図的にコンテンツを作っていない方がお客様の場合は、正直な話し徹夜突貫工事に近い場合も存在します。幾ら外部対策を先にと思っても、クライアントさんに最低限度の内部構造等への意識がなく困る場合は往々にしてございますが、逆に伸び幅も非常に大きいのでやりがいはあります。
但し、料金は割高になってしまいますので、最低限度の最適化はしておいた方が良いかなっとは思います・・・・ 尚、私は殆どの工程を機械化(ツール化)させずに「祈りを込めた手打ちする方法」が好きですので余計に大変です。また、内部強化に関しては、SEO対策済と謳っているテンプレート等を使っていらっしゃる方にも往々にして言える事です。フォーマットは確かにある程度の最適化仕様ではありますが、重要なポイントとなるコンテンツや記事内部はページを作って行く本人の「知識」なしには最適化はそう容易な事ではないでしょう
このように考えてみると、やはり外部対策を優先とし、内部対策は御自身でも行えると言うのが、現実性がある方法でもあると言うのが私的な解釈の一部である事は確かです。内部対策ってどうすれば良いのか?と言う声をよく聞きますが、正直な話し外部対策よりも要項が多すぎて伝えづらい部分である事は確かです。少なくてもXMLにおいてW3基準を満たす事がSEO対策と言う方の意見は無視した方が良いとは思います。(これらはW3基準とSEOの関係性はまるでないと言う事をお伝えしているものではありません。W3基準が効果的なSEO施策であると言う直接的な概念は「?」であると言う事をお伝えしています。
また、内部対策が意図する部分はやはり評価の分散を防ぐ事ですから、(検索エンジンに適切にクロールしてもらいそれなりの評価をしてもらうと言う意味で)よってホームページの全体の構成やユーザービリティーを意識したナビゲーション等やプラグイン調整(表示延滞防止)も立派な内部SEO対策である事は補足しておきたいと思います。基本的にSEO対策と言うものを検索上位で考えずに、様々なキーワードでお客様のサイトがアクセス(新規セッション)を検索エンジンから獲得して、その他の滞在をよりスムーズに促進する事でコンバーションに繋げる意図を持った、実利に繋がるSEO対策でなければ、いくら検索順位が上がっても意味を成さないと言う事は覚えておきましょう。
xml+cssで構成されるホームページならばRSS配信のメリットを活用
通常、HTML+CSSで構築されているホームページには、RSS機能はついておりませんが、XML+CSSで構築したサイトは殆どRSS機能は付いています。atomやrsdもあります。ブログなどが代表的で、これらはXMLとCSSで構成されています。
サイトを集客の為の手段と考えた場合、インターネット上に貴方に通じる道を1つでも多く作った方が有利に働きます。中でも検索エンジンからのアクセス導線は集客専用と言うキーワードにピッタリです。これらの導線はコンバーション獲得の確率を高めてくれます。
しかし検索エンジンに通じる道を作る事は誰しもが容易な事ではありません。ライバルが多ければ多いほどその障壁は高くなります。そうなった場合にはそのライバルに勝つ為の対策を外部に委託しなければならないと言うような事も考えられるでしょう。ライバルの多いキーワードの場合は、特に最適化を自力で行う事は難しくなります。
SEOの為には外部対策として他のサイトからリンクで紹介を受ける必要があります。自力で外部対策に取り組む際には、どうしても外部の方からのナチュラルリンク(オーガニックリンク)を獲得する必要があります。しかし自分のサイトの存在を他者が知ってくれなければ勿論リンク等はもらえません。ですから最低でも自分の更新情報を人に見てもらう(記事の良い悪いは読み手が決めれば良いから)為にはrssをはじめとした新着更新をフィードとしてインターネット上に送信してくれるような仕組みを使いたいのです。
人気のあるブログなどはこのフィードを通して多くの方の眼に触れていると言っても過言ではありません。尚フィードから様々なブログ記事を集めて1つのサイトを制作する事だって実は可能です。
(※サンプルこのサイトはRSSだけで出来ています)rssやatomと言う機能は外部との提携を図りたい際に非常に役立つものであり、それらを活用して事業に活かす為にはサイト構成はXML+CSSが最適となると言う事を補足しておきましょう。