ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

コンバージョン向上の為の外部施策

コンバージョン向上の為の外部施策として最も必要な事
■コンバージョン向上の為の外部施策として最も必要な事とは ①簡単に言えば購入意欲のある方からのサイトへの訪問機会を増やす事です。
↓ ②しかし訪問数を増やせば購入意欲のある方も増えると考えるのはやや強引すぎます。
↓ ③また購入意欲があってもその方の購入動機を満たすものを運営サイトが取り扱っていなければ購入される事はありません。
↓ ④具体的には御社サービス(商品)を欲しいと思っている方からの訪問機会を増やすと言う事がコンバージョン期待数値を向上させる為には非常に重要となります。
↓ ⑤それらの為のアクションとしてSEOやSEM対策はそれらの為に用いる施策であると言う考え方が必要と言えます。

■外部施策を実施する上で運営者が考えておきたい事項 自社のサービス(商品)は如何なる方に興味を持たれているのか?と言う現実績をまずはべースとして把握する事が重要と言えます。またこれらは具体的であれば具体的な方が望ましいと言えます。 当社を例にして解説しますと、
「福岡でHP作成を希望される企業(事業主)」と言うくくりでターゲットにしているわけではなく
↓ 現状、webサイトを既にお持ちであるが、更なるなるコンバージョン数の向上または改善を目指しており、リニューアルにあたり特にSEOやコンバージョン向上の為のオペレーションの明確性を重視したサービスを探している方と言う事を重視したターゲティング設定を行なっております。(当社の既存クライアント様全員が上記に当て嵌まる動機をお持ちです)

勿論、新しい市場(ターゲット)を意識したいと言う願望も全ての運営者様が思い描く部分ですが、現段階でターゲティングが明確になっていない事が要因でなかなか施策効果が出ていないと言うサイトの場合は、新しい市場でも同様の問題でコンバージョンを上げる事が出来ないと言う現象が起こりやすいと言えます。
まずは現状のマーケットからのコンバージョン基盤を固める為の具体的なターゲッティングを実施しつつ、コンバージョン数の改善・向上に着手した後に、新しいターゲット層も目指す為のサービス(商品)の見直しやアクセス施策への取り組みを実施する事の方が成功確率を高める方法と言えます。
◎ターゲティングを要素を意識した外部施策を実施する際のポイント
主にSEO対策やSEM対策実施時に応用的に考える部分となりますが、具体的にはキーワード選定が非常に大きな比重を持つ部分です。如何なるキーワード検索からサイトに訪問されると、実際には有効性が高い(質の高い)訪問セッションを獲得できるのか?をまずは意識しする事が重要です。
但し自社サービスに関心を持ちそうなキーワードでSEO対策を施して、実際に有効性の高い訪問セッションを獲得したとしても、それに対するコーンバージョン率は1-3%となりますので、数が少なければコンバージョンまでは至らないと言う現象も起こりますので
●特定のキーワード選定時に「質・数」を共にを求める
●キーワード選定時に「質」を優先して求め、それらのキーワードを複数設定する
上記2つの考え方を抑えつつ、SEO対策ならびにSEM対策に望まれる事を推奨致します。但し「質と数」を期待できそうなキーワードはライバル社も同様に意識している事も少なくない為にSEO対策やSEM対策に取り組む際、コストは若干割高になってしまう事は念頭に入れなければなりません。そのような背景からも本項で先に通知したようにターゲットを更に明確化させる事は重要であると言えます。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ