ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

SEO対策とは,いつまでもテクニックで囚われますが,全く違います

このような相談を頂いた際に、その質問者のサイトやブログを訪れてみますと、大抵が予想したような重大なミスを犯しています。そしてこの重大なミスがその方のSEO対策を著しく後退させている場合が多いものです。
では重大なミスとは何なのか・・・・?
それはリンクを貼る事ばかりに意識がある事なのです。要は、非常に不自然なリンクを実装させている事が大きな問題なのです。そもそも配信しているコンテンツの内容が一切充実していない運営者程、このタイトルのような質問をされる傾向が強いわけです。
リンクとは、あくまでも関連性を示すナビゲーションです。コンテンツありきのリンクであり、クリックされないリンクなんて幾ら付けても一緒だと言う事なのです。(クリックされるリンクが多い事がSEO対策と言いたいのではありません)
リンクの貼り方やリンクの貼る場所にこだわるのは、あくまで前提として評価の高いコンテンツが必要なわけであり、評価の低いサイトやブログからどれだけリンクを発信しても、どれだけアンカーテキストを駆使して利用しようが、スコアはほぼ無いに等しいわけです。
特にブログからのリンクは、ブログ評価に依存しますので、リンクの貼り方に悩む前に、まずは人に読まれるコンテンツを作りなさいと言う事しかアドバイスのしようがないわけです。
SEO対策とは、いつまでもテクニックで囚われますが、全く違います。大きくひっくるめて、労力と比例します。よって自分でSEO対策に取り組みたいならば、まだまだ評価の低いサイト運営者が、いきなり「コツとか技とか」を意識した時点で、必然的に後退する事になると言う事は抑えておきましょう。
有名なSEOマスターのブログを覗けば、皆さん書いているでしょ。
「リンクに左右されずに良質なコンテンツを作る事」
私が敢えて、まだまだサイト評価の低い方でも早く効果を出す為にすべき事(コツや技)は何かとはを、お伝えするとするならば、「自分のドメインを自分のサーバー(共有サーバー可)で、しっかりサイト運用する事。」とだけは答えるようにしています。借り物のブログ(フリーブログ)は運用する事は簡単なんですが効果を出す事は非常に難しいし、2つ以上のモノを管理する事なんて圧倒的に出来ないと言う方も多いです。且つ評価を分散させてしまう位ならば自社コンテンツを育てたほうがどれだけの費用対効果を作るか?
分かっていない方も多いですし、分かっていてもそれらが実施できない状態(サイト仕様)である場合も多いです。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ