ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

事業やサービスに繋がる為のSEOでなければならない

事業やサービスに繋がる為のSEOでなければならない
今やブログサイトでも多くのアクセス解析を見るようになりましたが、そもそもアクセス解析とは何なんでしょうか?単純にPVが分かれば良いのですか?UUが分かれば良いのでしょうか?設置の際に気をつけておきたい事はないのでしょうか?を今回は簡潔に記載していきます。まず、アクセス解析は可能であればアクセス解析機能を自分が使いやすいものを設置する事が得策です。但し使いやすいと言う部分に着目して考えてみますと、単純に貴方が使い易いだけではデータが不十分の場合がありますので、使いやすくなるまで使ってみると言う試みが重要です。私が絶対にオススメするアクセス解析は、Google Analyticsです。これに優るアクセス解析は今の所見当たりません。尚且つ無料で利用できて余計な広告等も付かないと考えれば破格の条件です。
またデータも検索エンジン集計・リンク元・ページ別・PV・UUに他にもサイト滞在率や離脱率、ページ別の解析、など様々なデータを1つのページ毎に参照できる事が嬉しい限りです。正直な話し、使いながら覚えるという表現が最も適切かもしれません。一般の無料配布のアクセス解析に目を向けると、どれも似たりよったりなのでお好みでチョイスと言う感じですが、ブログサイトの場合はアクセスランキング等の参加機能のあるアクセス解析でも良いかとも思います。但し1つ注意して置きたいのは、隠しリンクの有無です。解析タグに(noscrip~/noscrip)が含まれるものを示します。要はサイト内にタグを隠して埋め込むと言う手法です。多くの一般配布の無料アクセス解析で利用されている場合が多いです。特にGoogleは隠しリンクを好んでいませんのでどんなに使い勝手の良い、慣れひたしいアクセス解析でもお別れしたほうが良い場合もあります。但し隠しリンク1つで大きく順位が下げられたり逆に上がったりする程の影響はあまりないかなと言う所が正直な感想です。
スパム判定される事が怖い方は外して置いたほうが無難でしょう。ところで最近、私がアクセス解析の中で重要視しているのは『滞在率』と『離脱率』です。これらは即ちサイト自体のユーザビリティーを示す1つの指標となります。テキストの文書は適切なのか?ナビゲーションは適切なのか?コンテンツ内容がユーザーにとって必要な情報なのか?否か?動作環境は適切なのか?など様々な要因を推測する際に指標的な考えとする事も出来ます。SEO対策してるんだったら検索エンジンからのヒット数や検索キーワードが重要じゃないの?なんて言われそうですが、SEOも単純に上位表記によって1アクセスのみを取得しただけでは<、それ自体には、あまり意味を成しません。あくまで自分の事業やサービスに繋がる為のSEOでなければならないと言う事です。逆にSEO対策を行う事で自分のサイトの直面する今の課題を分かりやすくしてくれる作用もあります。SEO対策の必要性がある業種さんにはとことん提案いたします。
結果的に決めるのは『人』ですから、人に対する対策がなければSEOが意味を成さない場合もあると言う事です。『アクセス解析』はこのような事を考慮した上で設置しておく事も必要です。尚、最も推進するアクセス解析は、Google Analyticsです。使い方や見かたはそれ程、簡単なものではございませんが非常に内容の濃いデータ,正確性の高いデータを提供してくれます。そしてそれらを無料で提供してくれるのも嬉しい所です。当社でも、サポートのお客様に対しては上記のAnalyticsを参照させて頂いた上で次なるアクションもサイト運営者様とともに検討させて頂いております。
【PR】ホームページ製作で出来る事
集客webサイト
ホームページ制作 SEO
ホームページのアクセスアップ

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ