ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

検索ユーザーが自分が探したい情報を満たしてくれる存在

検索エンジンから自分のお店を探してもらう為の施策
SEOとは検索エンジンから自分のお店を探してもらう為の施策の1つです。しかし実はその手法や狙いは業種・業態・事業主によってそれぞれ異なります。勿論その事業主の狙い自体がSEOとかけ離れた選択の場合は、検索上位にランクされる事が自己満足で終わっている事が殆どなのです。上記のような事を踏まえ、このSEOの解釈と言うか見解を少し見直したほうが良いかな?と思い記事掲載させて頂きます。SEOを施そうと思った場合の代表的な手法は2つです。
①内部対策
②外部対策
①はそれ相当の知識や技術があればお金をかけずに施す事は可能ですが、SEOを実施しそれなりの成果を上げていらっしゃる方でなければ実際には難しいと言うのが正直な感想です。②に関しては検索してもらう「キーワード」によると前置きしておきますが、効果を出す為にはハッキリ言って「お金がかかる」と言っておきます。お金よりも労力がかかると言ったほうが正しいかも知れません。ここからが実践的なお話しになります。良くお店では、「お店の名前」が検索される事を考える方がいらっしゃいます。では誰が何の目的でその「フレーズ」で検索するのかを考えた事はありますか?
●お店名で検索→リピーター,広告掲載など,クチコミ
ex)○○料理 ○○店 で検索してくれる方をイメージした場合に、ホームページを利用したPRアクションが決定されます。私ならば上記のような区分のユーザーを引き込みたいならば確実に雑誌・ネット広告の使い方を模索します。(尚お店名でのSEO対策は外部依頼する程難しい事ではありません。サイトtitleにお店名を必ず入れておきましょう)
●料理の特徴・地域→新規検索ユーザーからのヒットを目指す
ex)○○市 ○○料理 ○○(特徴) このような検索をするユーザー(自分の食べたいもの、食べたい地域を限定)しているお客様の意図を考えた戦略は広域からの新規ユーザー獲得には必須です。但し上記の特徴がどこにでもあるようなキーワードの場合は効果は低いです。
わざわざ検索をして探すと言う人の心理を考えてみると分かります。『誕生日で利用できるフレンチレストラン,海の見えるイタリアンレストラン』 ここまで鮮明に検索ユーザー心理を先回りしてイメージ出来れば最とも適切な戦略と出来ます
このようなキーワード選定は実際の店舗の特徴をしっかりと考え、自分のお店が差別化されやすい形の事を探すのが最も適切なのです。但しこの手法は自分のお店のウリを分かりやすく説明できない店舗にとっては、一歩間違えば自己満足対策になりやすいので気をつける必要がある事も追記しておきます。
ポイントは、検索ユーザーが自分が探したい情報を満たしてくれる存在として、貴方を選ばないといけないと思ってもらう事が必要となるわけです。海が見えるイタリアンを探している人にとっては、海が見えないイタリアンのお店は不要です。イタリアンよりも海が見えるに特化した検索ユーザーならば、海が見えければ意味がありません。
例えばイタリアンでなくても、海の眺めが絶景のお店ならばそれが優先される場合も多いわけです。よってそのような事をホームページコンテンツとの連動で考えた場合、海がどのように見えるのかを分かりやすく表現(写真・動画)する事で、その検索ユーザーにとっては貴方のお店でなければならない理由が生まれるわけです。そしてそれらが最終的にコンバーションホームページ SEOに直結します。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ