ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

業界で比べられる商品に比べ高く売る必要もありそうです

業界で比べられる商品に比べ高く売る必要もありそうです
昨今、ふと回りを見渡せば、ありとあらゆる情報やありとあらゆる選択肢が私達には用意されております。その中で「エッジ(差別化)」を図ろうと努力している方は非常に多いような気がします。エッジ(差別化)を立てる即ち「ブランディング戦略」と呼ばれるものです。ブランディングと言う言葉を使うとどうしても「高価なモノ」を想像してしまうの私だけでしょうか?
もしかしたら、市場における「ブランディング」と言う言葉の持つイメージはこの程度かも知れません。あくまでも、ここで言う「ブランド」と言う言葉は私の認識の中にある「ブランド」と言うイメージを基に記載しておりますので予めご了承ください。
何故高いものである必要があるか?高い=それだけで希少価値が出るからです。
安くて=希少価値を作る これもブランドだと思いますがそれで経営が成り立つと言う事は到底イメージできません。話を戻しますと、ユニクロは確かに「安く」て「品質も良い」ですしかし、ユニクロを持っている事、ユニクロを着ている事を他人に自慢できますか?少なくても私は出来ませんし、しないでしょう。私が小学校の時にはユニクロ=あまり品質の高い物ではないものでした。一時期、ブランド商品が流行しましたが昨今あまり景気の良い話しは聞きません。
それは何故でしょうか?
ずばりブランド商品に希少価値が無くなったからではないですか?と言ってもまだ希少価値がある商品やお店も勿論存在してますが、大手ブランド店は自店の利益取得の為に「ブランド」を知らぬまに捨ててしまったと表現できるかも知れません。ホームページリニューアル戦略「ブランディング」を作る為にはそれ相当の金銭・労働力の投資を行い、業界で比べられる商品に比べ高く売る必要もありそうです。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ