ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

※※と言うキーワードで検索上位に上げたい

※※と言うキーワードで検索上位に上げたい
SEO案件に取り組んでおりますと「※※と言うキーワードで検索上位に上げたいと」言うような要望(相談)を頂きます。seoを商品にしている当社ですので、当たり前に頂く相談内容と言えばそうなのですが、実はこれらの要望(キーワードに対する)を鵜呑みにしない事が当社の考える本当の意味で価値のあるseoサービスだったりするのです。
当社にseoの相談を頂く多くのクライアントさんは、これまでにSEO対策に対して他社に外注された事がない方やSEO外注経験はあるが効果測定までを実施できていない方の何れかです。(簡単に言うとSEO対策の持つ本来の意義を知らない方や気づいていない方)
ですから多くの相談者の要望内容は、あくまでも希望的な観測が基になったものにものとなっています。
「※と言うキーワードで検索上位されれば、自社サイトアクセスが増えて、尚且つお問い合わせや販売促進に直結するのではないか・・・・・」
最も多い希望的な観測が上記に代表されるような内容。即ちseo外注=売上げ(問い合わせ) と言うように、seoを依頼すれば売上げが上がる(または問い合わせが増える)と言う安直な思い込みを抱いた運営者様からのご相談となります。
こういう記事を書きますと、「えっseoは売上げ(問い合わせ数増加)に直結するものだと信じていた。」と言う声を頂きますが、seoとは売上げや問い合わせ数を増やす為の一つの方法論でありますので、SEOのみがホームページ リニューアル・コンバージョンの為の最短距離とは断定出来ない。これが現実的解釈と言うものです。
では何故多くの方がこれほどまでにSEOに関心を持つのか?と言いますと、その答えは自社運営でも実施する事が出来そう(介入範囲が存在)だからweb広告のように毎月の広告費を考えずにwebからお問い合わせ数を延ばせる。販売数を増やす事が適うのではないかと言う あくまでも希望的観測を立てる方が多い事が上げられます。
勿論、ユーザーの希望的観測とは、SEOを提供するものの過剰な広告により植えつけられた先入観念であり、SEOに予算を費やして取り組んでいらっしゃる方にとってSEOと言う施策の評価とは
●SEOに特化させる=費用対効果が高い施策
●SEOに依存する事=webコンバージョンを低下させる施策
実は表裏一体である事の方が多いわけです。各言う私自身もSEOによるメリットとデメリットの両方を経験する事で、SEO以外の分野のマーケティングにも取り組む・学ぶという継続的アクションを実施しているわけです。
「経験」の上に本当のSEOの意義を見つめ、希望的観測での判断を極力減らし現実的なマーケティングに立ち返ってweb施策を構成している言う表現が最も収まりが良い気がします。
本記事の表題に少し戻りますが、これらも全くSEOの抱える「希望的観測」と言うものから抜け出して考える必要があると言う意味では共通しています。どうも「人達」はホームページでのマーケティングを技術介入の高い特質なものと考えすぎているようですが、考え方の根源はリアルマーケティングで良い。寧ろなければならないと言う事に立ち返った方が良いでしょう。
自分の商品・サービスは 誰の何に役立つのか? これらを既存の顧客層・販売数・声から客観的に分析する事です。
さすれば本当の意味で貴方が「ターゲットにすべきユーザー」が見えてくるでしょう。
そして貴方はきっとこう考えるでしょう。その「ターゲットユーザー」に自社サービスの存在を見つけてもらう為にはどうしたら良いのか?どんな事が自社に可能な範囲で出来るのか?
またそれらの「ターゲットユーザー層」に自社商品を如何なる方法で見てもらう事が利用前のユーザーへの印象を強化出来るか、分かりやすく解説できるのか?他社との違いを理解してもらえるのか?
私はよく更新記事の中でwebと言うものは、お客様を待つための媒体ではないと言っています。何故ならばwebで高いコンバージョンを上げる方の多くは、単純に待たないからです。
だからと言って闇雲にwebマーケティングを仕掛けるわけでもありません。自社経営資源と自社商品(サービス)の強みを生かしながら、自社商品(サービス)に興味がありそうな「ターゲットユーザー」のみに振り向いてもらう為の絶え間ない努力が出来る方のサイトには意図的に良質なアクセスが集まりそして売ると言う原理とはまた違う原理で販売促進が成るのです。
追伸:本記事で最も重要な事は、ここまで読んで何を貴方は考えたのか?です。
●「そんな運営者になりたい」と考えた方。
⇒残念ながら成功までにはまだまだ時間がかかるでしょう。
●「そういう切り口で考えた場合、現在の自社に置き換え何をすべきかと」と考えた方
⇒最初のwebコンバージョンの壁を乗り越えるのは目前です。fight!!

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ