ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

理解できている状態になって頂く事こそ重要な当社の役割

理解できている状態になって頂く事こそ重要な当社の役割
以前、TVで取材されたらしく、飲食店に行って「残念な事に気づく」タイミングというのを実感しましたので記事にさせて頂きます。

私が行ったのは、その中にあるカフェでした。キノコをふんだんに使ったピザがあると言う事でそれを食べてみたいな~と行きました。お店の間取りは、店内とオープンテラスというような形態です。

私が行ったのが丁度、ランチタイム中だったと言う事もあり、注文の際に30分位 お待ち頂きますが良いですか?と言われた事は、そんなに気になる事ではなかったのですが、待っている間に、寒いので(2月でしたので)店内で待っていた所、店内とオープンテラスの間の扉を閉めてほしいな~と思い「すいません 寒いのでここを閉めて貰っても良いですか?」と尋ねると、その店員さんは丁度お客様のお皿を下げていたところだったのでしょうか?

「少しお待ちください。」と言って厨房でお皿を区分けしてます。

あぁ~この方は自分の今している業務が終わるまで少し待ってくださいと言っているんだなっと感じ少し待ちました。忙しいから、まあしょうがないなっと思いながらも、別に接客しているわけでも無いのだから、先に閉めてくれれば良いのになぁと心でつぶやきながらなんて待つこと約5分ようやく扉を閉めてくれました。がっ扉を閉める際に、何の一言もなし、それどころか少し怒ったように不機嫌な表現して扉を閉めたのです。

本人はたぶん、そんな自覚がないのでしょう。忙しいのに面倒くさい事頼むなよ~みたいな気持ちだったのかな?隣の彼女とは顔を見合わせて失笑です。それからは、ある事、ある事、このお店、気になる事だらけです。

テーブルが高い
TVでは沢山のキノコのトッピングだったのに本物はわずかなキノコが乗っただけ
ミネストローネを頼んだのにナスのポタージュスープを持ってくる
まだ食べている食器を下げようとする。

ピザはそこそこ美味しかったから余計に残念。店員の彼女が、扉を閉める際に「寒いのに気づかずにすいません」ってその一言を言えるそんな気持ちで接客できていたならば、確実にあら探しをされなかったのに・・・と考えてしまいました。

■■コンバージョンを中心に考えるSEO対策。検索順位以上に重要な事項■■

Google SEO対策に興味を抱きだした方の多くが、SEO=売上に直接的に影響すると考えていらっしゃいます。本当にこの解釈は正しいと思いますか?これはSEOに興味を抱き始めた方が陥る落とし穴です。

当社にご相談して契約までこぎつける事の方の90%がSEOを一度実施した事があるお客様なのです。逆に初めて実施する方には私の言う上記の意味が本質的には理解できない場合の方が多いのです。

ではSEOは何故、売上に直結しないのか?

その答えは簡単です。人は検索順位でモノを買ったり選ばないからです。勿論全ての方がそうだとは言いませんが、人がモノを選ぶ基準とは検索順位とは直結しないわけです。

しかしそれが本当ならば、SEO対策したりホームページ リニューアルする本当の必要はないはずですが何故webで販促を行いたい企業はこれらに取り組むのでしょうか?

それはその企業にとっての目標達成のプロセスの中で、SEOが及ぼすプラスの影響を、ある程度明確に理解出来ており、且つ目標到達の手段として有効な事を理解しているからです。

話しを戻します。もし貴方の企業や事業がここで言う「理解できている」ならば既にSEOに取り組んでいるはずです。「理解できていないから」まだSEOに着手していないと言えるでしょう。

コンバージョンを中心に考えるSEO対策とは、対策を実施しつつお客様が「理解できている」状態になって頂く事こそ重要な当社の役割と言えます。私どもはただのホームページ制作ではありません。常に立体的な視点でお客様の事業をwebブラウザを通して眺めています。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ