ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

Googleアルゴリズムの進化

Googleアルゴリズムの進化
Googleアルゴリズムの進化に伴い、特に外部からの被リンクに対しての評価に関して価値のないと思われるサイトからの被リンク等はどんどん無効化されている傾向が強いと言えます。しかしこれらの傾向を探っていきますと非常に面白い傾向がありましたので本日はその辺りをレポートさせて頂きます。

①コンテンツボリュームが充実している
⇒Googleからインデックスを受けているページ数が多いサイトがこれに当たります。これは単にページ数が多ければ良いのではなくGoogleからインデックス(ページの存在がアリゴリズムに保存されている)されていなければ無意味です。※コピーコンテンツやRSSのみで作成するようなページに関しては現在、Googleは殆どそれらに評価をしておりませんので無意味と言えます。

尚、インデックスされているページがpagerank3以上を多く持っている場合は特に評価を受けやすいと言えます。

②SEO対策を継続的に実施している
⇒ナチュラルリンクが継続的に増えていると言う状態が重要です。一気に増える事に関しては検索エンジンは推奨しません。また同一ページのみのリンクが増えるよりも下層ページを含む全てのページが一定の法則ではなく自然に増えている事が望ましいと言えます。

ページ群でより多くのナチュラルリンクを貰う事でそのページ自体のPAGERANKの向上に繋がりやすくなりそれらが結果としてドメインの価値を高めてくれる事で全体的な検索キーワード向上に繋がるとイメージして頂くと良いかと思います。

③審査(有料)ディレクトリー登録が成されているかいないか
⇒以前はそれ程までに順位に影響を及ぼしてなかった(ディエクトリー登録以外のサイトからの被リンク等の評価があればこれらがなくても良かった)のですがアルゴリズム変更により特に外部リンクに対する評価が厳しくなった現状、審査(有料)ディレクトリーサイトのような信用性の高いサイトからのリンクは、評価されやすい状態である事が伺えます。

審査には多少のコストがかかる事もあり 敬遠されてきた方も多いと思いますが、最低でも1つ・理想は2つ以上のディレクトリーに掲載しておくと良いかと思います。

簡単に記載しましたが、①のみでも②のみでも③のみでもその効果はそこまで強くなりません。①~③にしっかりと取り組む事で結果として高い評価を受けやすいサイトと出来ると言う事を頭に入れておきましょう。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ