ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

意見をもらったなどの情報のみでサイトの良し悪しを判断しない方が良い

意見をもらったなどの情報のみでサイトの良し悪しを判断しない方が良い
ご相談を頂く場合、「現状よりも伸ばしたい」と言うお悩みと、「現状全く上手く言っていないからどうしたら良いものか?」と言う大きく分類すると2つの悩みを受ける事が多いように感じます。
どうしたら今よりも伸ばせるのか?とどうしたら良いものかでは、当方で回答できる内容も当たり前に異なります。私としましてはどちらか言うと「どうしたら今よりも向上するのか」と言うお悩みの方が実現性の高い具体な提案が出来ますのでそう言う相談の方が嬉しいと言えば嬉しいです
しかしながら、実際には「どうしたら良いものか?」とお悩みの方も少なくありませんので本日は「どうしたら良いのか?」に関して簡単にヒントとなる事項を記事に出来ればと思います
何故、ホームページからのコンバージョンがないのか?を考える事。実はこれを考えるのが難しいと言えばそうなのですが、これをまずは考える事からスタートしなければなりません。そしてこれらを考える際に絶対に外してはならない事として下記事項が挙げられます

●市場調査
・市場規模
・市場ニーズ(インターネットからの集客・販売見込み)の調査 ・ライバル状況 ・時期的要因など

●現状把握
・訪問者数(トラフィック)・属性・ターゲットなどデータで抽出できる内容
・サイトコンテンツ、他者からの評判など視覚的に感じる問題など
・他社との差別化要因など

●展望・オペレーション
・ホームページ訪問⇒問い合わせ・購入までの流れ(フロー)の検討
・上記に伴って必要な改善またはアクションの模索
・以後の運営プランの策定
ホームページからのコンバージョン(問い合わせや購入)数を取得する為にはまずは貴方の提供するサービス自体の「市場調査」を考慮する必要があります。例えば店舗やサービスを探すのにインターネットを利用する方が多いと思われるような業種の場合は一定量の市場規模があると認識できると思いますが、そもそもインターネットでわざわざ調べるようなサービスでない。またはインターネットをあまり利用しないようなターゲット層の方に対してのサービスを提供している場合は、いくら各種施策を施しても見込み値が上がらないと考えた方が良いのです。
時にホームページからコンバージョンが全く上がらないと言う方の中には、自分の期待のみで市場を評価する場合も少なくありません。ホームページのアクセスアップあくまでも現実的な解釈をもとにインターネットに時間やコストを費やす事が効率的か否かを判断する事もここでは重要と言えます。
次に重要となってきますのが、「現状把握」と言う作業です。現状把握において運営者が重視しなければならない最も大切な事とは、感覚的や結果的な把握だけで判断せずに現況のサイトのトラフィック状況等を総称して根拠のある判断を行なうと言う考え方が非常に大切となってきます。
具体的に補足しますと、ホームページから問い合わせが少ないからからや、知人やお客様からのデザイン的な改良の意見をもらったなどの情報のみでサイトの良し悪しを判断しない方が良いと言う事です。これらを重視するだけでは本当に改善すべき場所や適切な改善方法が見えづらくなってしまうと言う事も考えておく必要があります。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ