ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

検索エンジンから評価されないサイト

検索エンジンから評価されないサイト
yahooがインデックス更新やアルゴリズムを更新する毎に、不具合の生じるサイトが発生するのはよく聞く話しです。(2011年現在、Yahoo JapnaはGoogle検索エンジンを採用しておりますのでこのような症状はほぼ起こらないと言えます)中には想像もしないような不具合が生じることも多いのです検索エンジンを意識するあまり知識等をお持ちでない方は不具合=SPAMと言う偏った認識を抱かれる方もいらっしゃいますが、実はインデックスが弾かれる事さえも「スパム」でないと言う考え方もできます慢性的なものか一過性なものかでも大きく異なるのです。
私的にはスパムというより、サイト設計やサイトを作った後の「工程」を無視したような作りこみをされているサイトが、このような不遇を受けているのか?とも思ってます外部対策にしても、とんでもない検索エンジンから評価されないサイトからの被リンクはスパムというより読み込まれない可能性のほうが高いとも言えます。勿論、悪意のあるサイトからの被リンクを受ける可能性があるような被リンク対策は今すぐにやめたほうが無難でしょう(無料リンク集の登録等、自分のサイトのリンクを設置してくれるサイト所有者が全く分からないような方法)尚、サイトを作成したら必ず、sitemap.xmlをサーバーにアップデートさせて、google、yahooの検索エンジンに通知をして置く事も重要です。ページ更新やページ追加毎に行う事も重要です。
サイトマップを送信してもインデックスされるか否かは絶対ではございませんが、このような作業を行う事で現状の自分のサイト状態等も確認する事が出来ますのでやりましょうどうやって作れば良いのか?それらはコチラで情報配信しておりますので参照ください。
●トップページを上位に配置~下層ページまで
・更新頻度●●●
・優先順位○○○
・更新頻度⇒daily,weekly,monthly
※優先順位⇒0.1~1.0で優先度を記載(1.0:高い 0.1:低い)
私的には全てのページを更新頻度毎日、優先度を高にするよりも、トップページをしっかり巡回されるように検索エンジンに働きかける感じで良いと考えています。上記をメモパッド等に貼り付けて、全てのファイルを選択し、UTF-8の方式で、sitemap.xmlという名称で保存し、このファイルを自分のサーバーにアップロードさせてみましょう。検索クエリに『サイトマップ作成 F2』と入力してもらうと自動でサイトマップを作成してくれるツールもあります。googleウェブマスターツールも活用出来ます。特に新規サイト制作時にはまだインデックスが少ない可能性がありますのでウェブマスターツールでもサイトマップを作成する事は可能です。
当社のホームページ リニューアルにおいては、以後の更新記事URLも自動的にsitemap.xmlとして取得させるように初期設定をしておりますし、ウェブマスターへの初期の登録作業も行っておりますので、お客様が記事を作る・更新する以外には気を使わせないホームページ仕様で納品しております。またHTMLでの閲覧ユーザー向けのsitemapも合わせて準備しておくと良いでしょう。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ