ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

SEO対策において『キーワード』の選定は生命線と言えます

SEO対策において『キーワード』の選定は生命線と言えます
SEO対策のキーワード選定そしてこれらを選定する事を真剣に考える必要があります。選ぶ事は簡単ですが、それらを戦略的に模索する事は、直感や他者(お客様も含めて)の意見だけではやはり不十分です。
では、それらがなかなか上手く行かないと言う方は実際にどうすれば良いのでしょうか?見つかるまで模索し続ける事も非常に重要ですがそれだけでは、上手くいかない場合は一向にコンバーションが上がりませんので推進する方法ではありません。私はそのような事へのリスクマネージメントとして、行っている方法があります。
それはアクセス解析から検索エンジン経由での入室キーワード一覧を確認して、そのキーワードの中で購入意欲の高いと思われるキーワードからのアクセスを受けているページを再度、記事構成を見直したり、勝負ページへ流す為のナビゲーションを見直す作業を行う事で、興味を抱いたユーザー様を迎える為のしっかりとした『セッション・アクセスの流れ』を作り直す事です。
例えば、福岡でCMSを使ってホームページを20万位で制作してくれる会社と言うキーワードで検索された方が1名でもいた場合、明らかに上記のキーワードで検索された方は私のようなサービスを求めている方です。よって上記のキーワードで検索された際に表記される記事の中に、検索ユーザーが取得したい情報がしっかりあればそのユーザー様はそう簡単には離脱しません。もっと詳しく知ろうとしてくれます。
但し逆にそのユーザー様が探したい情報がそのページにない場合。(検索キーワードと記事内容に一致性のない場合)せっかくの濃いアクセスを離脱させてしまう結果になり、これでは新しいコンテンツを幾ら発信しても効果が薄れます。検索ユーザーを待つのではなく、迎えに行くと言う事は上記のようなアクションの1つ1つを戦略的に行い、 それらをしっかり繋げて行く事なのです。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ