ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

ライバルの多いキーワード

xml+cssで構成されるホームページならばRSS配信のメリットを活用
通常、HTML+CSSで構築されているホームページには、RSS機能はついておりませんが、XML+CSSで構築したサイトは殆どRSS機能は付いています。atomやrsdもあります。ブログなどが代表的で、これらはXMLとCSSで構成されています。
サイトを集客の為の手段と考えた場合、インターネット上に貴方に通じる道を1つでも多く作った方が有利に働きます。中でも検索エンジンからのアクセス導線は集客専用と言うキーワードにピッタリです。これらの導線はコンバーション獲得の確率を高めてくれます。
しかし検索エンジンに通じる道を作る事は誰しもが容易な事ではありません。ライバルが多ければ多いほどその障壁は高くなります。そうなった場合にはそのライバルに勝つ為の対策を外部に委託しなければならないと言うような事も考えられるでしょう。ライバルの多いキーワードの場合は、特に最適化を自力で行う事は難しくなります。
SEOの為には外部対策として他のサイトからリンクで紹介を受ける必要があります。自力で外部対策に取り組む際には、どうしても外部の方からのナチュラルリンク(オーガニックリンク)を獲得する必要があります。しかし自分のサイトの存在を他者が知ってくれなければ勿論リンク等はもらえません。ですから最低でも自分の更新情報を人に見てもらう(記事の良い悪いは読み手が決めれば良いから)為にはrssをはじめとした新着更新をフィードとしてインターネット上に送信してくれるような仕組みを使いたいのです。
人気のあるブログなどはこのフィードを通して多くの方の眼に触れていると言っても過言ではありません。尚フィードから様々なブログ記事を集めて1つのサイトを制作する事だって実は可能です。
(※サンプルこのサイトはRSSだけで出来ています)rssやatomと言う機能は外部との提携を図りたい際に非常に役立つものであり、それらを活用して事業に活かす為にはサイト構成はXML+CSSが最適となると言う事を補足しておきましょう。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ