ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

SEO対策とは検索順位変動に柔軟に対応するものです。

Googleアルゴリズムの進化
SEO対策に携わっていますと、yahooで検索順位が落ちたと言う悲しいお知らせを頂く事はたまにあります。クライントさんにとってはかなり深刻なストレスになる事も多い事は事実です。


勿論、検索順位が上がってきたのであれば落ちたら嫌なものです。私だってそうですし、これまでにそんな事は何回か経験した事もあります。 しかし、そのような事で「動揺」してすぐさまに「アクション」を起こす事は実は非常に危険です。


何故ならば、そのような事は良く「index updete」やアルゴリズム変更時、変更前、変更後、またサイト開設当初(indexが検索エンジンに読み込まれはじめた当初)に起こりうる現象であるからです。 順位が落ちる=検索エンジンからの評価が落ちる 確かに一理あります。しかしそれが100%の解釈ではございません。毎回yahooの検索エンジンの気分に翻弄される場合が実は多いのです。


SEO対策を行うと結果を直ぐに求める気持ちは分かりますが、対策を施して急激に変化をすると言う事はある意味、検索エンジンから判断も良いとは言えない事でもあります。


特に外部対策はそうです。一気に被リンクが増加するとこれが検索エンジンから評価されるか?嫌悪されるかは、やってみないと分からない部分でもあります。 と言うような前置きをした上で、検索順位が変動した際に行う事を明記しておきます


①まずは傍観しましょう※次回のサイトへのクロール時に正常に戻る事も多いです


②TDPでインデッツクスが削除されていないかの可能性を探りましょう。

※www以下に貴方のサイトURL(トップページ)を入れてみてください


③ご自身のサイトからの発リンク先がペナルティーを受けていないか?を上記方法で調べてみましょう。調べ方はまずご自身のサイトから自分のドメインURL以外のリンクを数えてみると良いでしょう

yahooサイトエクスプローラーも活用ください  


④①~③をしてみて特に問題はないはずだと思ったら、次に自分のサイトに「無料」で提供されているツール等を利用していないかを確認してみましょう。特に問題になるのは無料リンク集や無料アクセス解析を利用している方には知らぬ内に、「隠しリンク」が仕込まれていたなんて事が良くあります

調べ方はコチラをご利用してみてください ①~④をしても特に異常はないんだけどな~ならほぼ安心です。


但しサイト順位が下がる前に一気に急激に被リンク等を増やした(購入した)という事があてはまる方は少し安心できない場合もあります ①~④にあてまる方は、それが1つの要因かも知れませんので、まずは不安分子を解消しておきましょう ここで最も注意した方が良い事は、サイト診断を、自分のSEO対策をしてくれている業者さん以外に出す事です。


ハッキリ言うとサイト診断を歌う会社はこのように検索順位に一喜一憂するお客様を狙ってます。 勿論全ての診断される会社が良くないと言っているわけではなく、新しい会社に依頼したり診断に出すと言う事は、また新しいSEO対策を施すと言う事になってしまいます これでは不安定なYAHOOの検索エンジンの対策に今後も継続的にお金がかかってきます。


費用対効果が取れないならばやめたほうが良い方法です しかし2週間-1ヶ月間、傍観しても順位が戻ってこない、TDPを受け続けていると言うサイトに関しては悲しいですが上記の定めではありません。


早く改善する為に何かしらのアクションが必要でしょう 本日は可能な限り簡単に表記してみましたが、SEO対策とは検索順位を上げるだけではなく、検索順位変動に柔軟に対応する事が出来ると言う要素を含めて考えてみてくださいね。 SEO目線で考えていてはいつまでたっても検索順位を気にしてビクビクしなければなりません。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ