ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

集客に繋げる為のSEO対策

基本的に私のホームページへの導線となる存在は普通に多いです。導線となる存在とはあくまでも配信情報を示しております。ブログ・ソーシャルメディア・メインコンテンツで多分その存在は2000以上は存在するでしょう(あくまで存在すると言う意味で全てがホームページアクセスになっているわけではありません)少し上記の表現は分かりにくいと思いますが、要はそのような存在に到達する為の手段に対して、検索エンジンからのアクセスを強化させる事がSEO対策と言う言葉で表現できるアクションであると言う事でもございます。
基本的に私のホームページはそのアクセス供給元を検索エンジンに主眼を置いてます。次なる存在としてカスタマイズを施しているアメブロや、RSSを取得されている情報サイトやtwitterなどが続いているようです。下記は、約1ヶ月間の、アクセス参照元と、新規・既存セッションを表した写真となります。
2010y12m10d_110753352.jpg
●アクセスの参照元
2010y12m10d_110856143.jpg
●アクセス参照元の上位10サイト
2010y12m10d_111057337.jpg
●新規アクセス→青 ※リピートアクセス→緑
尚リピートアクセスとは同一のIPからの直接的なアクセス(URL入力・お気に入り・RSSからのアクセスを示しています。)検索エンジンからのアクセスは基本的に殆どが新規アクセスとなりやすいです。逆にそれ以外のアクセスはリピートアクセスも多いものです。結果的に集客に繋げる為のSEO対策を検討すると言う事は、これらの特徴を上手に活用する事が求められます。そしてそのヒントを与えてくれる存在,新しい切口を閃かせてくれる存在が、アクセス解析となるわけです。本当の意味でお客様のイメージするSEO対策とは、このように、集客に繋がるか否かのSEO対策である事は間違いありません。
SEO対策と言うものは検索エンジン上位表記に主眼を置くのではなく、SEO対策として実質的にアクセス数やそのアクセスの滞在率・直帰率(興味がある方の検索エンジンからのアクセスは自ずと滞在率が高いので)までを踏まえた上で、ご自身の販促状況・集客状況と照らし合わせる事が重要です。実質の数値(データ)や感触から、強い部分は更に伸ばし、弱い部分は補うと言う非常に手間と労力が必要な作業であると言う事は補足しておきます。
 

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ