ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

ブログ等によるホームページへの導線

ブログ等によるホームページへの導線
これは特に初心者の方が陥りやすい誤解の一つです。web運営者様の中にはもしかしたらこう考えてらっしゃる方は多いかも知れません。現在重要視されている事は

○被リンク数・被リンクの良質さ(信頼の高いリンク)
○ドメインの価値
○内部構造的な仕組み

基本的評価な部分でお話しすると上記3項目と推測しております。勿論、SEOに対策せずに、有料広告やカテゴリ登録の利用を選択する事も可能かも知れません有料広告はクリック課金も選択できますし、金額上限を設定する事も可能です。

カテゴリ登録は結構高い審査料金を払う必要があります※審査に通らない場合はあぶく銭となってしまう可能性があります。

アクセスを取得する事がそのままSEO対策になると言う考えはある意味、別に考えた方が得策です。それよりも、良質な被リンク数を増やす事や内部環境の整備がSEOには一番効果的であると言えます。

最近、何度か記事にしましたが、SEOとは個人がお金をかけないで対策できるレベルを実は超えています。個人事業者様や自営業者様は構造が複雑なSEOに興味を持つのはお金をかけても行いたい方以外は本日でやめたほうが違う戦略(オペレーション)に切り替える事もできますので、無駄なSEOには時間をかけないほうが絶対に良い方も多いです。

それでもしたいという方は検索エンジンに関して学ぶ事で構造理解度を高めた後に、是非SEO対策を実施されてください。SEO以外の部分での良質アクセスへの取り組みの一例としては

Ⅰ.SEOよりも良質アクセスを目指しましょう

良質アクセスとは、今お店に来ていらっしゃる今サービスを提供していらっしゃる方、尚且つ自分のブログを読んでくれていらっしゃる方のアクセスです。その為には多くの閲覧者が見たくなるようなホームページやブログを作る事です。特にブログなんかは非常に有効なツールです。

その中でもやはり「アメブロ」は利用者も多いですし他者に見てもらえる可能性も格段に高いですから有効な手段です。但しアメブロでアクセス向上したから自分の商品やサービスが売れると言うわけではありませんからこの部分はしっかりと考えておく必要があります

あくまでも、自分のお店やサービスを知っている方を想像して記事を更新する方が、実際の販売には繋がります。

Ⅱ.ブログ等によるホームページへの導線による内部強化

物凄い効果は見込めませんが、若干はSEOの対策になります。WEBサイト評価は同一IPからのアクセスよりも不特定多数のIPからのアクセスの方が評価は高くなる傾向がありますのでそう考えると効果が0ではありません。

またブログ上で営業する事も1つの手であります。アメブロであれば、ダメ元でプチメしたりコメントからお互いに仲良くなる事も大きな方法ですね。※私はこの方法があまり得意ではない(笑)

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ