ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

SEOに興味を抱かれるお客様から尋ねられる事の中に

Googleの検索エンジンと良好な関係を築いて行く
良くサイト運営者でSEOに興味を抱かれるお客様から尋ねられる事の中に、『Googleページランクは検索順位に影響するのか?』と質問を受けます。下記はあくまでも私の検証を基にした私見である事を付け加えておきます。
まず、Googleページランクが直接的な検索順位を決定づけないと言い切りましょう。その上で様々な見解を下記に明記して行きます。googleウェブマスターツール・ガイドラインの中でも、解説がありましたがGoogleはページランクの要素のみで検索順位を評価しているわけではなく、あくまで検索エンジンアルゴリズムの1つの要素としてページランクも取り扱っているようです。
故にGoogleページランクが低いから、検索が上がらない、高いから検索順位が上がると言う事はないわけです。このような質問を受ける理由としては、サイト運営者様が良く混同して考えてしまう2つの要素が絡んできます。
検索エンジンからのサイト価値評価と検索エンジンの順位決定と言う2つの要素です。
googleページランクは、どちらかと言うとそのサイトの価値の評価の分類です。より多くの方から自然なリンクを貰っている事(相互やリンク登録ではない)が好まれます。要はそのサイトに興味のある方が多いと判断されたり、そのサイトの存在が多くの方に支持されていると言うような要因を好むと言うわけです。
逆に検索順位の決定に関しては、検索ユーザーが自分が調べたい情報を探す際に、最もgoogleが分かり易いサイトだと定義した順番(この要素を検索エンジンアルゴリズムが決定しています)を表記するだけであり、それは必ずしもページランクのみが重要視されているわけではないと言う事なのです。
そのような事を踏まえた上で、ページランクが下がる、上がったと言う部分に関しては別途の解釈が必要であると言う事をここでは付け加えておきましょう。尚、ページランクの高いサイトからのバックリンクに関しては、その効力を無関係と解釈する事は今の所は出来ません。但しページランクにばかりこだわる必要はない事を付け加えておきます。当社では、ページランクの高いサイトからバックリンクを送る事も含めた外部対策も実施させて頂いております。
●記事を読んだ方はコチラの記事も読んでいます。
反響率を優先したサイト制作
SEO対策 効果
飲食店におけるホームページ制作の意義

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ