ホームページリニューアルで自力SEOを実現。理由は内部リンク強化とロングテールに対する継続的な運営者アクションが可能になるからです。

福岡SEO リニューアル

ロングテールの狙い方や方法

ロングテールの狙い方や方法
SEO対策を意識したサイトをお持ちの方は、その使い方に様々な方法論が転がっています。
最たる方法がロングテールマーケティングです。これはSEO対策を何しかしら自分で行った経験がある方(人任せではダメ)ならば比較的、安易に可能です。
勿論、ここでの最大のポイントは、ロングテールを利用するだけではなく、散りばめると言う事です
多くのSEO業者はロングテールの狙い方や方法、分散の方法までは教えてくれません。対策キーワードのみの被リンク設置と対策キーワードに特化させた(対策キーワードで検索エンジンにかかれば良いというのが露骨な)内部構造の変更くらいしかしてくれません。
故に、SEOを実施しても本当の効果(実業のオーダーや集客)を感じる事が少ないと言う方も多いわけです。
私はSEO対策とは、ビックキーワードへの対策こそ「保険」と思ってます。集客や成約に繋がるキーワードはロングテールキーワードと考えていますし、私自身がそれらを自身のwebサイトで実感しています。
そして、それらの実現の為には、常に成約につながるキーワードを模索する必要があります。これが出来れば外部委託は不要であるとお客様やお問い合わせの方にはお伝えしております。
外部委託される方に忘れて欲しくない事は、貴方にとっての本当のロングテールキーワード は貴方以外の方は探す事は出来ないと言う事実です。
これは何も外部委託者が、真剣に行わないと言う事を言いたいのではなく、お客様が一番、自分の事業内容・サービスに詳しいからこそ、自分に合ったロングテールを模索できると言う事です。また、SEO対策と聞くと、『実際に何をすれば良いのか?』 
確かに考える事は多いですがハッキリ言える事は検索順位を上げる事以上に必要なモノの存在に気づく事・実感する事です。
検索エンジンに対しての最適化をSEO対策と呼びますが、私は本当の意味でのSEOとは情報を求めるユーザー様へ、今貴方が持っている資源(ホームページやブログなど)を元にしてそれらの存在で、検索ユーザーを迎えに行き、結果として喜ばれる事だと思っております
このような継続的アクションの繰り返し作業の積み上げが重要であり、1発1中を目指すよりもキーワードを分散させながらご自身で成約に繋がる可能性の高いロングテールを模索しつづける事で本当の意味で、ご自身でのSEO対策が実現するのです。
それでは、ロングテールを散りばめる為にはどのようにしたら良いのか?これはサイト仕様にも依存する事ですので、自身のホームページの仕様を見直す事も必要な場合もありますし、新しいコンテンツ作成の頻度を高める事です。
故に私は現在、SEO対策案件よりも、サイト仕様構造の変更を行った方が継続的予算を抑えられそうなお客様に対しては、ホームページリニューアル制作をオススメさせて頂く場合も多いです。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

SEO対策 代行委託・スキル向上|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり SEO対策 トップページ