webサイトを持っているけど使えていないお客様・webからの反響数を上げたいお客様からご相談を頂いております。webリニューアルのご相談に強い

経営的な費用対効果・身近にサポート

経営的な費用対効果・身近にサポート
お客様からお問い合わせを頂く際、大抵の場合はリニューアルやSEO対策等、施策単位でのご相談がまずは多いですが、お客様に内容を具体的にヒヤリングさせて頂きますと目的はあくまでもコンバージョン(反響)数の向上であり、経営的な費用対効果の向上と言う部分こそが本来の目的である事の方が圧倒的に多い事が多いです。(SEOの相談時には、調査済キーワードですから、順位のみ向上させてくれたら良いと言う内容の相談もあります)
当社が単一な作業を施策のみをサービスとして提供する会社ならば、お客様の本来の目的到達はさておき依頼された内容のみに着手するという選択もあるでしょうが、当社はあくまでもお客様の最終的な目的を尊重したいと考えております。
故に現況サイトからの改善点ポイント(ストロングポイントも含む)を探り、最も効率的な方法を御提案させて頂くようにしております。 しかし勿論、全てのお客様へ早期に向上すると言う提案は現況サイトの改善点が多い程、出来ない場合もあります。効果を上げたお客様の場合もアクションを定め効果を出すのに、しっかりとした土台整備に励みそれらの上に施策やアクションを積み上げた結果のたわものなのです。
お客様の立場からすれば「早く結果を出したいからどうすれば良いか」と言う気持ちが強いのは痛い程に理解しておりますが、当社は営業目的の為に実現性の不明(根拠のない)提案だけはしないようにしております。
尚、これらは広告(アドワーズやスポンサードサーチ)の利用に関しましても似たような事が言えます。早い結果を出す為の最善策は広告出稿と言う方法ではありません。しっかりとした土台(オペレーション)の上に必要に応じてこれらの施策も選択すると言う考え方が適しています。故に当社からは広告出稿を外部施策として提案は行ないません。出来ませんという方が本音です。
ホームページリニューアルやSEO対策等のアクセス施策が、単にweb施策の範囲で終わるのではなく、お客様自身の経営戦略(プラン・サービス)の見直しや改善に繋がり良サイクルを自力で生み出して行く事こそが最も重要であり、それらの結果が経営的な費用対効果に繋がる。これらを身近にサポートするのが「当社の存在意義」であり「顧客満足」と考えております。
●経営的な目標数値は理解しつつも現時点で実現可能な目標プランニングの重要性
当社がご相談頂く相談の中には、上記サンプルデータ(現況)よりも各種率が低いサイトケースも少なくなりません。これまでに何の施策も実施していないサイトの場合は有効訪問数に対するコンバージョン率が1%以下と言う事も往々に見かけるケースも多いです。
勿論、何の施策にも取り組んでいないので各種の率が低いと言う現状は考慮して考えますが、当社の場合は、お客様から頂く目標数値があまりにも非現実的な数値である場合、まずは現況を把握して頂きつつ御提案を展開させて頂くようにしております。
大抵が経営上の目標数値ですので、その目標は目標で持って頂きつつ半年で1年でどの位のベースの向上を図って行くのか?そのようなプランニング能力もサイト運営者様には必要なスキルと思われますので、その為に現況サイト状況を把握すると言うアクションは重要です。
■ホームページにSEO対策をすれば売り上げは上がりますか?■
先日、ある企業のweb担当者様から下記のようなご相談を頂きました。「今、○○を販売していますが、御社にSEOを依頼すればどの程度売上げが伸び、どの位の費用が掛かりますか?」といった内容です。多くの運営者様がこの様な点を最も知りたい事は十分に承知しておりますので、この質問自体を否定するつもりはございません。しかし、果たしてこのような問い合わせは担当者として適切と呼べるでしょうか?「自分はあまりwebに詳しくないので、他社に任せたい。だから見積もりをください。」私にはそう言っているようにも聞こえます。勿論、この担当者様の本音とは相違があるかも知れませんが、担当者が「第三者に丸投げ」で対処しようと考える姿勢は、その会社にとっても決して得策ではないと考えています。※こちらから ■ホームページ集客・制作すれば自然に集客できる的な解釈を含むものに対して、制作段階のみでそれが可能か否かを当方ではお伝えするのはあまりにもプロセスを無視した無責任な回答と考えております。その辺りをご了承頂けますと幸いです。数量または質が期待できると考えた場合の販売サイト内の情報が如何に訪問者にとって魅力的なものであるのかと言うような内部要因や実際に販売されている内容に関しても検討せねばなりません。ですからこのようなプロセスを分析した結果の御通知であれば、SEOにより売り上げ向上が期待できる可能性は存在するであろうと解釈して頂いても良いと思います
当社では ・SEO も行っております。
各サイト構成を作る作業としてcms ホームページ制作でのホームぺージ作成を推進しています。
本質的な問題の改善案・解決案を常に模索しながらお客様にあった戦略的
webサイトリニューアルgoogle seoを行っている数少ないホームページ制作会社です。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加