CMSでホームページを作成する事で、WEBサイト内にウェブ・ブログ階層を作成・福岡から新規集客を実現させる事を意識したリニューアル制作

ホームページ リニューアル制作 福岡市 春日市 大野城市

集客が可能になるホームページを制作する際に重要な事

集客が可能になるホームページを制作する際に重要な事
集客が可能になるホームページを制作する際に重要な事の一つとして、内部SEO対策と言う部分が挙げられます。私的には、検索エンジンはソースタグよりもキーワード出現率を重要視していると感じております。多くのSEOに強いホームページの仕様は、キーワード分散の方を優先した作りになっている事も良く見かけます。※綺麗なタグソースを作る必要はないと言う事ではありませんので悪しからず。
そのように考えた場合に、同一ドメイン内で、どのキーワードがどれだけ利用されているのか?と言う事は、内部SEO対策的にも非常に関係する事です。 巷では全体の8%を超えないレベルと言うのが1つの目安となっているようです。ページコンテンツの多い方(インデックスページ)の殆どは、過剰にSEO対策を行いたいキーワードを挿入しても意外に8%は超えないような気がします。逆にページ数が少ないサイトを制作した場合、少ししかキーワードを使っていないつもりでも8%を超えた出現率になる事も多いような気がします。
私の場合は大量のコンテンツを作成しておりますので、逆に対策キーワードの出現率はやや低い方であると思っています。例えば 『ホームページ』と言う単語なんかは多くのページに使っているようで、k-c-e.co.jp全体のドメインに対する出現率は現在まだ4%未満なんです。しかし通常、自分でサイトを作る際にはそのような部分まで神経を配るのは至難の業です。特にCMSのようなシステムでホームページを更新させない方は、キーワードの出現率調整は基本的にホームページの制作段階で決まってしまう場合も多いわけです。
逆にCMSで制作しても、サービスカテゴリーが同一の場合は、偏ったキーワード分散になってしまう事も往々に見かけますので1つ1つサービスに置けるキーワード出現率を考えるのもやや手間がかかりそうです。そのような事もあり、私はホームページ制作を行う際にサービス種別の多い方(大カテゴリ分類が多い場合)はディレクトリー階層を作る事で1つ1つページの独立化を図っています。
例えば私のホームページの場合は、全ての階層を実験的に分けています。(階層を増やせば良いと言うような単純な問題ではない事は補足します。あくまでも実験の為に階層を分けているだけです)少なくても、当社の現在のメインコンテンツとなる、ホームページ制作・リニューアル作成,SEO対策,アメブロ カスタマイズ,モバイルサイト制作・活用サポートの4つの階層分けに関してはじわじわ検索エンジン上でも効果を計測しはじめております。且つ、ディレクトリーが階層別になっていると言う事は即ち配信コンテンツ数レベルでキーワード出現をある程度コントロール出来ると言う利点も含みます。基本的に上記キーワードで検索上位に来る場合はTOPページではなく、各ディレクトリーのTOPページを上位出現させる事でランディングページ(関連ユーザーが求めるページを着地ページとさせる)施策としても有効です。
このような理由もSEO対策を自力で実施したい方にはCMSによるサービス別にしたディレクトリー階層別にして作成する手法のホームページ制作をご提案させて頂いているわけなのです。そしてこれらを最も必要とされていると思われるユーザーはホームページから新規集客に全く繋がっていないから、自身で様々な視点でホームページを改善したいと思われるサイト運営者だと私は感じています。結論的には、業者には、半分は頼りましょう。但し半分は頼らない気持ちがこれから集客する為のホームページを所有したいと言うサイト運営者様には重要です。貴方以上に貴方のホームページの事を考えてくれる人は世の中にはいないと言う現実は絶対に忘れてはいけません。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

CMSホームページ制作・リニューアル|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり ホームページリニューアル制作