CMSでホームページを作成する事で、WEBサイト内にウェブ・ブログ階層を作成・福岡から新規集客を実現させる事を意識したリニューアル制作

ホームページ リニューアル制作 福岡市 春日市 大野城市

コンバージョン(目的達成)の為の最短距離になる可能性

ブログリンクでのSEO対策
例えば、飲食店であろうが通常のサービス事業であろうがそのジャンルは多種多様です。仮にラーメンと言うジャンルに特化しても、トンコツラーメンもあれば味噌ラーメン、醤油ラーメンも存在するわけです。どう言う事かと言えば、トンコツラーメンの情報を取得したいユーザーにとっては醤油ラーメンの情報は不要であると言う事であり、可能であればトンコツラーメンの情報に特化したサイトの情報をより詳しく(地区・値段等)で選別させたいと言うわけです。そして実はこれらは検索エンジンの評価にも非常に密接に関係してくる話しです。
特にGoogleの検索エンジンは条件一致性の高いサイトを検索上位として表記したいわけです。これが全世界でGoogle検索エンジンがシェアを独占する理由であり、最たるユーザービリティーでもあるのです。と考えますと、今後の『売れるサイト』と言う観点から言うと、発信者が1つのメディアになる事は大きな価値を持ちます。要は、よりニッチ性の高いマーケットを利用して、人を集める為の仕組みやシステムの実装であり、利用者に対する課金システムの提供を実装するサイトの存在こそ、サイト運営者にとってもサイト利用者にとってもある種のコンバージョン(目的達成)の為の最短距離になる可能性があると言う事です。
1つのジャンルに特化したメディアの存在はそれらに興味のあるユーザーを必ず惹きつけてくれますし、逆に言えばそのジャンルにおける検索順位も高いわけですから自ずとアクセス者の何かしらのアクションも期待できます。プラスそのジャンルに関係性のあるサービス提供にとっては、そのサイト自体の集客力が上がれば上がる程、広告価値が高くなります。よってニッチマーケットで集客できるサイトをメディア化させる事とは即ち、サイト自体のコンバージョン獲得は勿論の事、それ以外のメディア価値上昇における広告収入も期待できる可能性が高まると言う事です。そしてそれらの最たる利点は、サイト運営者のサイト運営におけるアクションも非常に明確になる事ではなかろうかと思うのです。
●サイト利用者に対するサービス向上
 ┣有料課金システムの利用
●サイト利用者促進による広告収入の向上
 ┣アフェリエイト,NET広告出稿,メルマガ広告など
尚、上記は今でも大手企業と呼ばれるジャンルでは当たり前のように実施されている事ではありますが、ここで私が伝えたい事はより『ニッチ』なマーケットに絞ったマーケティングを示しております。そしてこれらは大手企業は絶対に真似できません。何故ならば、大手企業にとってはニッチマーケットは費用対効果が低い場合が殆どであるからです。そのように考えますと、今後は個人ベースでの『ニッチマーケット』における費用対効果を意識したポータルサイトの存在は増えると思います。そのようななった場合に重要な事はどこが一番早く仕掛けるのか?でありその市場におけるシェアを誰が先に独占するのか?であります。
現在当社では『特定ジャンル』に関するポータルサイトの開発に取り組んでおります。このサイトのシステムの可能性如何では、通常300万以上は当たり前の課金型のポータルサイトもそれらの費用の3分の1程の費用で実装可能である可能性も大いに含みます。そうなれば、当社も、通常のホームページ制作サービスはやめるでしょう。何故ならば間接的コンバーション(集客)のサイト制作よりも直接的コンバーション(課金システム)獲得のサイト制作の方が私のビジネスモデルを効率的にしてくれるからです。(集中管理)
詳しい解説はコチラECサイト制作 福岡

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

CMSホームページ制作・リニューアル|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり ホームページリニューアル制作