CMSでホームページを作成する事で、WEBサイト内にウェブ・ブログ階層を作成・福岡から新規集客を実現させる事を意識したリニューアル制作

ホームページ リニューアル制作 福岡市 春日市 大野城市

検索エンジンの評価の獲得をお客様自らが実施できるホームページ

ホームページを活用したいと考えるた場合、業種や業態によって狙いは異なりますが、どのような機能がホームページに必要なのか?不要なのかを構築時点でチェックしておきたい項目があります。 ホームページはブログではありません。毎日更新するような必要性もありませんが、可能な限り更新頻度が高い(様々なインデックスを受けたURLページのドメインを持つ事)方が様々な意味で有効です。本日は、今後ホームページを活用したいと考える方に向けて、ホームページを作る前に確認しておきたい事項をポイン別にまとめてみました。まずホームページへの「アクセス」はどこから運ぶか?のイメージはありますか?
●事業の既存顧客またはお付き合いのある方から ●ブログ(自分) ●ブログ(他人)※紹介 ●ブログ(他人)※アフェリエイト ●検索エンジンから ●マイページを持つ販売サイト・ポータルサイト(楽天・amazon・その他ポータルサイト等) ●ソーシャルメディアから(Twitter、Facebook、ブログランキングサイト等) ●紙・雑誌広告から ●テレビラジオ等のメディアから ●ネット広告から(スポンサードサーチ。アドワーズ)
ざっと考えても上記のようなアクセス導線があります。尚、紙媒体・テレビ・雑誌・他者からのクチコミなど、リアルな部分での認知した場合に次にユーザーさんが行うアクションをまとめておきます。
⇒ホームページを確認される傾向があります(内容やクチコミ、地図、会社情報等)
⇒来店動機、購入動機になるのか?と言う流れの場合が多いです。
勿論、ホームページを『まずは確認』と言う工程を取らないお客様もいらっしゃいますが、時代的にはホームページでまずは確認と言う風潮も強いようです。(安心感)そう考えますと、リアルな認知の方にとってもホ-ムページと言う存在はやはり重要な存在になっているようです。そして、勿論そのようなユーザー様の為に、ホームページを見やすくナビゲーションする事も勿論必要になってきます。
上記はあくまで、リアルな部分での認知のお客様を誘導する為のオペレーションであり、インターネットユーザーの集客を考えた場合は、ホームページの内部的な見せ方やナビゲーションの整備の前にまずは貴方のホームページの存在を「認知」をして頂くという重要な課題を考える事が優先です。この課題を解消する方法として、私自身もアメブロを使いますし、SEO対策に取り組んでいるわけです。勿論、流行のTwitterなどのソーシャルメディア等の活用もしています。
しかし勿論、その他のソーシャルメディア→ホームページへのアクセスも確保しております。その中でも最も高い比重を誇る存在は私のアメブロです。尚且つ私はアメブロ自体にもSEO対策を施しております(内部対策は制限があるのである程度ですが外部対策が強力です)よって、アメブロ自体も毎月定例のユーザーを検索エンジンから運んで来てくれているわけです。しかし単純にアメブロに貴方のホームページのURLを付けた所で、アメブロを訪れた方がホームページにアクセスしてくれるわけではありません。
私の場合はアメブロをカスタマイズする事で、ホームページでの最新記事情報を自動的にブログ上部に読み込ませるようにしておりますので、比較的に多い新規セッション数であると思います。仮に記事下にホームページURL(トップページを指定したリンク・グローバルナビゲーション)のみであればこの数値はもっと低い数値と思います。よって、アメブロ→ホームページに繋ぐためには様々な仕掛けが必要だと言う事を付け加えて置きましょう。上記はあくまで、ホームページへの新規セッションを如何なる部分から運ぶのか?と言う部分を記した内容ですが、勿論上記で記した方法以外にもネット広告等の手段もSMO対策等も存在します。しかしこれらは少なくても、コンテンツ更新をご自身で一生懸命に行い、コンテンツの内容が評価されて集客に繋がった場合においても、広告出稿料やシステム利用料金に比較的に高額な継続的なコストが発生します。よってWEBを可能な限り初期コストを抑えて活用したいと言う方の要望にはマッチしない方法であるわけです。
そのような事もあり、私は、ホームページ自体をCMSを利用する事で、階層分類を行い(サービス分類・利用者分類)ユーザー様にとって分かりやすいナビゲーション設置と、階層毎に検索エンジンの評価の獲得をお客様自らが実施できるホームページ仕様に拘っているわけなのです。但し誤解が生じないように付け加えておきますと、私のホームぺージ作成お客様に自らで動かす意思がない場合、宝の持ち腐れになる事を追記しておきます。あくまでもお客様の言葉で発信出来て、それらの作業の効率化で最大の費用対効果を上げて集客に繋がる為の仕様のホームページを構築させて頂くお手伝いをさせて頂いているわけです。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

CMSホームページ制作・リニューアル|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり ホームページリニューアル制作