CMSでホームページを作成する事で、WEBサイト内にウェブ・ブログ階層を作成・福岡から新規集客を実現させる事を意識したリニューアル制作

ホームページ リニューアル制作 福岡市 春日市 大野城市

バランス良く(ライバル状況等を考慮)できる方は比較的にコンバーションを上げています。

バランス良く(ライバル状況等を考慮)できる方は比較的にコンバーションを上げています。
ブログの更新にしてもホームページの更新に関してもそうですが、更新を行う際に様々な技術的な要素はあるなかで、初心者の方でも気を使って、お金をかけずに考えて行く事が可能な箇所が存在します。
それは、記事のタイトルとなる部分です。ソースで言う所のtitleタグとh1で表される部分です。実は、見落としがちな非常に重要なポイントです。多くのユーザーが、その記事を見るか、そのサイトを見ないかを決定する大きな要素は全体のサイトタイトルや記事のタイトルと言えます。
閲覧側のユーザーにとっては貴方がどのような事業をしているのか?が知りたいのではなく自分が欲しい情報がそこにあるのか?ないのか?が重要なわけです。検索エンジンに対するSEO対策的な話しをすると、そのホームページやブログのコンテンツ内容を決定づける場合が多いですので、ここを意図しないキーワードにしていると、それだけ検索エンジン経由から質の高いアクセス(購入意欲のあるユーザー)を呼びこめない可能性が上がります。
大抵のサイトの場合、全体のタイトルがtitleタグとなり、この記事のように付随して作られるコンテンツタイトルをh1で表す場合が多いわけですが、上記のような前提を踏まえた上で検索エンジンから購入意欲の存在するユーザーを引き込む方法として全体タイトルと記事タイトルを決める際のポイントを明記して行く事としましょう。
全体のtitleですが、ここには社名・店舗名を入れる事を忘れないようにしましょう。会社名・店舗名での検索でしっかりとサイトのトップページを表記させる為に重要です。次に、何を(サービス)・どこの(地域)・誰(ターゲット)・特徴(個性)にPRしているのか?を左の順序でキーワードとして抜き出してみましょう。例えば福岡市大名でダイニングバーを営むお店がホームページを作る際、想像されるキーワードを【ダイニングバー,福岡,市,大名,女性,カップル,合コン,オールディーズ】などを抜き出したとし場合、ここで言うキーワードの区分を確認してみましょう。
①ダイニング,バー,はサービスを示すキーワードです。
②福岡,市,大名は地域を示すキーワードです
③カップル,女性はターゲットを示すキーワードです
④オールディイズ、合コンは、特徴・個性を示すキーワードです
要はこれらの2つ以上のキーワードの組み合わせの事を、ロングテール呼びます。単一キーワードではなくキーワードの組み合わせで、より購入意欲の高いユーザーの検索した場合に、アクセスを受けやすい状態にして置く方法です。キーワードの配列方法は、①,②,③,④の順を一番に考え最後に会社名・店舗名をつける方法が最も適切でしょう。
但し③と④に関しては、①+②のテールキーワードのライバル状況如何においてはtitleで利用せずにサイトの説明文書となるdescripitonで使う方が得策な場合も存在します。皆様もご自身のホームページのtitleの変更を変更される際にはご参照ください。
次に記事のタイトルですが、実はこちらの方が非常に重要です。ポイントは何点かありますので、ご自身が行いやすい方法を模索してみてください。タイトル=検索されそうな文章で記事を作る事、もしくは何について書かれているのかが分かりやすいタイトル文章,奇抜なキャッチコピーが入った記事タイトル文章(おもわずクリックしてしまう)
逆にダメな例は、特にブログサイトで多いのですが、【本日の○○】など、知らない人がそのブログタイトルを見ても全く魅力的でなかったり、何を書いているのか?分からなかったりする。(貴方や貴方に近い人しか分からないような記事タイトルはご法度です)私のホームページで更新して作り出す新しいコンテンツは、基本的にQ&A的な感覚で記事を投稿しております。
『○○の方法や仕方を知りたいと言う方』に検索エンジン経由でアクセスされるように作っています。タイトルや記事のタイトルはサイト運営者の戦略意図を表す重要な部分です。
この辺りをバランス良く(ライバル状況等を考慮)できる方は比較的にコンバーションを上げています。WEB戦略ではなくビジネス戦略的なセンスも必要です。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

CMSホームページ制作・リニューアル|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり ホームページリニューアル制作