CMSでホームページを作成する事で、WEBサイト内にウェブ・ブログ階層を作成・福岡から新規集客を実現させる事を意識したリニューアル制作

ホームページ リニューアル制作 福岡市 春日市 大野城市

着地ページに到達したくなるページのクオリティー

着地ページに到達したくなるページのクオリティー
ホームページ制作 において、私は制作する作業よりも制作する前に一番神経を使います。案件によってはなかなか仕様が決まらない場合もあり、それは非常に苦しい作業となる場合もあります。尚、なかなか仕様が決まらない要因としては、お客様と私の知識の差と言うものが上げられます。あくまでも、これは当たり前の事でありますので、知識の差を決して嘆いているのではございません。
私が最も気を使う部分、お客様との認識の差を埋めたい部分は、閲覧ユーザーが中心となった目線のホームページを構成するのか?が非常にポイントとなっています。ここで表現した内容がデザインの話しにも非常に蜜に関係性するわけです。例えば、お客様は自分のホームページのスタート地点を、自分のホームページのトップページと言う『意識』が非常に強い傾向がございます。しかし実際に閲覧者からホームページが見られる箇所は必ずしもトップページがスタートになるわけではありません。
例えばこの記事に関しても同様です。サイトのトップページ→この記事にアクセスした方もいらっしゃれば、いきなりこの記事にアクセスした方もいらっしゃるわけです。勿論、サイトトップページからアクセスをして頂く機会の方が通常のホームページの場合は多いはずです。
しかしピンポイントでサービスを検索されているようなユーザー様の場合は、この情報(ページ)にいきなり到達してくれる事も非常に多いわけです。そしてそれらの事を踏まえて考えた場合、サイト運営側の準備としましては、2つの存在が必要となってきます。ホームページ制作 福岡
①ナビゲーション化された着地させたいページの存在
②1のページへの水先案内となるページの存在
追記すると、②→①と言うロジックを全てのコンテンツに意図的に挿入する事で、サイトトップページ→①以外のアクセス導線を確保させると言う事が必要です。そして、これらを実現させる為には、CMSのような構成を持つ仕様でサイトを構成する事をしなければ相当に非効率を生みます。
勿論、自社サイト構成にCMSを採用すれば確実に②→①の流れも作れるわけではありませんが、SEOの事なども考えた場合、CMSは有効な手法である事は覚えておきたい部分です。よって②で表記させるコンテンツを見た際に①にアクセスしたいと思うような『動機』を提供できるか否かも重要です。
アクセスをどこから集めてどこに運んで最終的に何を見てもらいたいのか?見てもらいたいページを着地ページと考えた場合、着地ページに到達したくなるページのクオリティー(情報評価・魅せ方)を上げる事が非常に重要であり、それらの実現の為の仕様とする私はここに最たる時間を費やすわけです。
そして、制作後は、アクセスデータ解析を参照にしながら制作ホームページの弱い部分を1日1日かけてサイト運営者であるお客様と私の役割を明確化させ日々改善に努める事が最も重要な考え方です。

「ポチっ」とお願い致します。|ソーシャルメディアとホームページとの連動

このエントリーをはてなブックマークに追加  

CMSホームページ制作・リニューアル|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり ホームページリニューアル制作