CMSでホームページを作成する事で、WEBサイト内にウェブ・ブログ階層を作成・福岡から新規集客を実現させる事を意識したリニューアル制作

ホームページ リニューアル制作 福岡市 春日市 大野城市
CMSでホームページをリニューアル制作するメリット
リニューアルサイト制作のご相談が多い理由 他社の似たような商品やサービスとの差別化</span>を図る必要がありその結果ブランディングされます。よって更新出来ない事は自社のブランディングの確立においてはデメリットとなります。当社では、デザインのみに頼る魅せかけのブランディングではなく、ホームページ(運用方法)そのものがブランディングとなり、他社との差別化なる存在に成長させて欲しいと言う願いを込めたサイト仕様とデザインを持つような、生きたホームページを制作
リニューアルサイト制作のご相談が多い理由

自社の所有するドメインを育てると言う観点からの好変化(SEO対策)

常にお客様のドメイン下の階層を更新させる事が出来ますので、自社サイトの更新頻度と更新した結果作られる新しいコンテンツが検索エンジンやその他のソーシャルメディアに認識されるスピードや頻度が向上します。自社ドメインの評価を高める事がwebを育てる上では最も費用対効果の高いとされる事ですので、フリーブログばかり更新して、自社ホームページは更新できないと言うような非効率が解消される事でしょう。
また社内に複数のスタッフが存在する場合、同一ドメイン下のディレクトリー等でスタッフ一人一人の個性をweb上に表現し、且つそれらの情報を自社サイトのトップページとして組み上げる事も可能です。社内用のポータルサイト百貨店のサイト(複数のお店の情報をトップページで表現)と言うイメージの方が分かりやすいかも知れません。    

サービス毎に情報分類・発信が可能。ユーザビリティーの最適化

私が案件を受注した際によく見受けられるのですが、自社のサービスや商品やコンテンツが整備されていないと、言う場合がございます。次いで、直接口頭では表現できるがweb上ではサービス分類できていないと言うお客様も見受けます。CMSでディレクトリーをサービス毎に構成する事でサービス毎に対して更に細かい分類のディレクトリーを増やす事が可能ですのでユーザー様の視点からは情報の探しやすさ優先の作りとなります。
例えば、福岡の弁護士事務所様のサイトの場合、全体としては弁護士事務所ですので全ての相談に対してほぼ対応しておりますが、その事務所が得意とする分野に関しては特に強化して打ち出したいわけです。仮に①過払い返金・②労務トラブルをサービスの軸として考えた場合、1つのサイト上で①~②を表現するのではなく、2つのサイトを使ってそれぞれに特化したサイトを構成
■サービス毎の構造サンプル
トップページ(※※法律弁護士事務所)
     ┣A.会社概要
     ┣B.お問い合わせ
     ┣C.新着情報NEWS
   ┣D.過払い返還訴訟(サービス①)
     ┣D1.依頼概要
     ┣D2.お問い合わせ
     ┣D3.料金
     ┣D4.お客様の声
     ┣D5.更新情報
         ┣D5-1.過払い返還訴訟に関する担当者①ブログ
         ┣D5-2.過払い返還訴訟に関する担当者②ブログ
         ┣D5-3.過払い返還訴訟に関する担当者③ブログ
 
   ┣E.労務トラブル訴訟(サービス①)
     ┣D1.依頼概要
     ┣D2.お問い合わせ
     ┣D3.料金
     ┣D4.お客様の声
     ┣D5.更新情報
         ┣D5-1.労務トラブル訴訟に関する担当者①ブログ
         ┣D5-2.労務トラブル訴訟に関する担当者②ブログ
         ┣D5-3.労務トラブル訴訟に関する担当者③ブログ
※バック黄色の箇所が更新される事でバックがピンクの箇所のデータが新しく再構築されます。検索エンジンに対してはサーバー更新情報と合わせて黄色・ピンクの箇所全てのコンテンツ更新情報として処理されます。運営者が実施するのは>黄色の更新作業のみです。※バックカラーのない箇所はその情報そのものが変更にする際は更新情報として伝達されます。
このようにサービスディレクトリーを分類させる事でサービスや商品に関しての情報をユーザーに対して告知レベル上に通知する事が可能となりますし、書籍等と違い情報は常に管理者が更新できるようになります。ユーザーには常に最新の情報や細かい情報が取得できると言う利点が生まれ、サイト運営者側には情報発信そのものがコンテンツとしてのブランディングであり差別化となります。    

検索エンジン外からもアクセス(セッション)を運ぶアクセス導線強化策

多くのお客様はウェブを作る工程においてはブランディングツールとしての活用を優先して考えられている場合が圧倒的に多いです。但しそれだけではwebを活用して集客や販促に繋げたいと言う場合、納得するデザインは出来たが、なかなか新規集客や販促には繋がってくれないと言う事も実は多いのです。その理由は、アクセスをどこから運ぶのか?と言うイメージを制作段階であまり持っていなかったからなのです。
ここからが本題です。では何がどう変わるのか?を簡単にお伝えします。内部的な充実が検索エンジンからのアクセス導線の強化に繋がります。検索エンジンの次にアクセスを運んでくれる存在として、アメブロや,mixyやtwitterやFace Bookに代表されるソーシャルメディアの存在、を無視する事は出来ません。
しかし単純にアクセスを増やした所で仕事に繋がるうんものではありません。だからこそ、検索エンジンからわざわざ何かを検索してアクセスしてくれるユーザーやソーシャルメディアからわざわざリンクを辿ってくれるようなユーザー獲得の仕掛けと仕様も求められており、これらをweb広告などランニングコストを可能な限り抑えた方法で自社で実施したいお客様・企業様の場合、特にコンテンツマネージメントで制作するホームページはユーザビリティーの最適化と言っても過言ではありません。     

CMSとホームページを制作する事とアクセスアップの関係性

アクセスアップの効果は運営者次第ではありますが、2ヶ月もすれば現在の3倍-10倍の数(データ)としての違いが現れるはずです。但しだからと言いましても、何も更新しない場合や、更新する内容が事業PRや事業と全く関係のないプライベート日記のようなものばかり場合は残念ながら思った程のアクセスアップには繋がりません。
理想的には、発信する情報に専門性が富んでおり、検索エンジンまたはソーシャルメディアからわざわざアクセスしてくれた方のアクセスをした動機・期待に対して、答えが用意されているか否かが重要だと思っています。自分は文才がないと言うお客様もいらっしゃいますが、自分の事業にかける想いや自分のサービスに対する想いだけは誰も代弁出来ないと言う事は抑えておきましょう。
昨今、ホームページとブログを運用されている方と、ブログのみ、ホームページのみを運用している方と、何も運用していない方と3種類に分類されます。私の周りには私も含めてホームページとソーシャルメディアを複数運営している人間が多いのは確かです。複数運営する事でアクセスの導線も広がってくれると言えます。一見すると非常に運営が大変なように思われますが、実はメイン的に更新をするのはホームページだけなのです。ホームページを更新する事が→ソーシャルメディアを自動的に更新する事に繋がっているわけです。   

CMSを応用的に利用したシステムサイトとしてのポータルサイトがある

ポータルサイトとは、上記のような構造をかなり大きなものにした仕様です。アメブロをはじめとするフリーブログの場合、特にこのシステムが採用しやすいのです。よって昨今はwebメディアを構築し決済代理のポータルサイトやニッチなジャンルでのWEB広告媒体の作成等、新しい事業の創出等が可能となっているように感じます。システム作ればポータルサイトが成功する時代ではありませんがアイデア一つでwebを活用した新事業創出・成功のチャンスは無数に転がっていると言えます。
当社では通常のホームページだけではなくシステム機能搭載したポータルサイトやSNSサイト、またはフランチャイズや直営店舗数が多いチェーン店舗展開を実施される企業様からの受注問い合わせがが最近、非常に増えてきております。尚、システムサイト構築時はお客様のイメージや希望は尊重致しますが、当社webアドバイザーの方から企画案をご提案させて頂いております。※詳細はコチラもご確認ください

CMSホームページ制作・リニューアル|その他ページのご案内

ホームページ制作 CMSに変えたお客様の声・実績
web運営サポート料金 受注までの流れ
お問い合わせ お見積もり ホームページリニューアル制作
このエントリーをはてなブックマークに追加